読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子のいる生活 

旅するアート食人

フロストバイトのファミリーランに参加

ヘタレな子、強化月間。

昨年から自分の走るモチベーションが上がらないので、子を巻き込むことにしまして。

親子で出られる大会を探していたのですが、都内では未就学児が出られる大会はほとんどありません。

唯一見つけたのが、横田基地で行われる「フロストバイト」。

普段は入ることのできない基地内に入ることができるというのもなかなか面白い。
ということで、申込み決定。
f:id:blackjunjun:20140119105105j:plain

が、案内のハガキが届いてビックリ。
横田基地、遠い。
青梅線牛浜駅が最寄り。そこから徒歩20分。

ファミリーランのスタート時間は9時10分。受付は8時40分までとのこと。

比較的都心にある我が家ですが、5時には電車に乗っていなければ間に合わない!

出場をやめるか、前泊するか。
迷った挙句、立川に前泊をすることにしました。

子が「走りたくない」と言い出していたので、ここでやめてしまうのは何だかよくないのではないか?と思ったのです。

まぁ、こんなことでもないと立川に泊まることなんてないだろうし。


案の定、会場に向かう電車の中で、「お腹がいた〜い」「走りたくな〜い」と言い出した。

f:id:blackjunjun:20140119110405j:plain

おまけに受付は長蛇の列、テントが飛ぶほどの北風が吹いていて、寒い。

無事にスタートできるのか??とやや不安になったものの、スタート前では少しテンションが上がった模様。

合図と共に飛び出して、私が「もう少しゆっくり走ろうよ!」というほどの張り切りっぷり。
f:id:blackjunjun:20140119110736j:plain
途中、2度転び、「もう歩きたい」発言も2度ほどでましたが、抜かれると抜きたくなるようで、急にスイッチが入ったり。

3度目の「歩きたい」が出たときには、もうゴールが見えていました。

なんとか盛り上げて走り続けたら、ビデオを撮っているパパが見えてダッシュ。

そのままゴールまで走れました。

ゴール後はおやつの入った袋とオレンジをもらい、ご満悦。

歩かないで走り切れたことをたっぷり褒めたら、得意げ。

少しは自信がついたようです。

基地内の「おふくろや」というレストランで暖をとって帰ってきました。
f:id:blackjunjun:20140119110714j:plain

少しずつできることを増やしてあげて、逞しい男に鍛えあげなければ!
次は何をさせようかな。