読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子のいる生活 

旅するアート食人

人が喜んでくれると嬉しいのは子も一緒

去年の保育園の担任の先生の1人は4月に異動してきた先生でした。
夏頃にたまたまその先生と話していた際に、初日にうちの子が「先生のこと好きだよ」と言ったことがすごく嬉しかったのだという話を聞かされました。

先生も異動先の保育園で担任を持つにあたっては恐らく不安もあったと思う。子が何気無く言ったのかも知れないそのひと言で先生がホッとしたというのを聞いて嬉しく思い、子にもその話をしたのでした。


さて、1年経って再び担任が代わり。
またまた1人は4月に異動してきた先生でした。
初日のお迎えの際にご挨拶をしたとき「○○くん、先生のこと好きだよって言ってくれたんですよ」と。

思わずニヤっとしてしまった私。

子は恐らく去年の先生のお話を覚えていたのだと思う。初日に「好き」というと先生は喜んでくれるのだ、と。

名前も覚えてもらったし、既にすっかり馴染んでいるし。

子なりの処世術?
私も少し見習わなければと思ったのでした。