読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子のいる生活 

旅するアート食人

健康診断も元を取るべし

セミナーでも読書でも、お金をかけたのなら元はとりましょう!というのはよく言われていることですが、健康診断もお金をかけた分の元をとって欲しいと思う。


会社の健康診断の場合は会社持ちで受けているという感覚なので、義務に近いのかなぁ…
人間ドックは自腹じゃないのかな?

受けることに満足してしまうのだろうか。。


「毎年同じ項目で引っかかるのだけど痛くもないしそのままにしておいた」ってね。

いやいやいやいやいや。

癌は痛くないですって。痛くなるころは進んでいる頃ですから〜。


「乳癌は触診でもわからないものもあるっていうから自分では触らない」って。

触ってわかるもののほうが多いのだから、減るもんじゃないし触りましょうよ〜


立て続けにそんな残念な方を見かけてしまったので、思わずブロクネタにしてしまいました。

毎年引っかかる理由が、家族性のものだとか、本当に放っておいても大丈夫なものなのだと確定していて、そのことを自分でも十分に理解できている上での放置ならいいと思うのです。


進行してしまったら困るのは自分や家族。取り返しはつかないのです。

健康診断の判定をした医師などは責任を取ってくれるわけではありませんから。

今ならば、ネットで調べることも可能なのですから。


シミや吹き出物は気にするくせに、内臓のこととなると急に無頓着になるのは、目に見える見えないの違いなのかしら。