読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子のいる生活 

旅するアート食人

子連れイタリア旅-フィレンツェ編2-

近郊のピサやThe Mallに行ったフィレンツェ滞在中の3日間。

本当はフィレンツェ市内の観光だけでも3日あっても足りないくらいなのだと思う。



ミケランジェロ広場へ

クーボラにも鐘楼にものぼれなかったので、バスでミケランジェロ広場へ。
サンタマリアノベッラ駅から市内を回るバスに乗ると行けます。
暑かったので、私たちは行きと帰りで同じ番号のバスに乗り、フィレンツェ市内を大きく一周してみました。


ミケランジェロ広場、日陰がないです。
暑すぎる。。手すりも触ると火傷するほどの熱さ。。
でも、ここからの景色はすんばらしい。

f:id:blackjunjun:20140706111442j:plain

f:id:blackjunjun:20140706173703j:plain

f:id:blackjunjun:20140706173728j:plain



フィレンツェの感想

観光名所はもちろんのこと、単純に気になるスイーツ屋さんやカフェやレストラン、ショップがたくさんあり過ぎて、フィレンツェは女子旅向きだなぁと思ったのでした。
ブランドショップはもちろんですが、小さな雑貨屋やら手作りの靴屋やら何やら、むしろそういうお店に惹かれました。

女友達あるいは妹や母と来ると街を満喫できそうだなぁ。
もちろん、雰囲気がいいのでカッポーにもいいですね。

f:id:blackjunjun:20140706111227j:plain



最後は市場(メルカート)へ

最終日の朝は、ホテル近くのメルカートへ。
フィレンツェのホテルの朝食はヴェネチアに比べて残念な感じだったので、メルカートで朝食を!

これが美味しかった!!
私はサラミのパニーニとコーヒー、子はドーナツとフレッシュオレンジジュースというシンプルな組み合わせにしたのですが、大満足。
f:id:blackjunjun:20140707120412j:plain

お食事ができるスペースというのがあるのですが、ここはそことは別の市場内の奥まったところにあるバールの一角。
f:id:blackjunjun:20140707120847j:plain
市場で働いている人たちもちょっと立ち寄って、エスプレッソを飲みながら新聞をみていくようなところ。地元の人が利用するところはやはり美味しいのだ。

次回、フィレンツェに滞在するときにはホテルの朝食はいらないなぁと思ったのでした。

子にとってはヴェネチアの異国情緒溢れる非日常的な感じのほうがたのしかったようで、フィレンツェに対する感想はいまいち。。
でも、バスや電車に乗れたのは楽しかったようです。