読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子のいる生活 

旅するアート食人

子連れイタリア旅-ミラノ編-

 

最終日はミラノへ移動。

 
 

トレニタリア

今回はトレニタリアにて。
これも、日本で事前にネット予約をして
おりました。
 
7分ほど遅れて到着したトレニタリア
車内はイタロよりも立派!
 f:id:blackjunjun:20140716060427j:plain
ただ、予約時に悩んで席を指定した
割りに、進行方向と逆向きでした。
失敗。
座席はテーブル付きの4人掛けの席が
ほとんどで、2人掛けは車両の端の
ほうのみ。
今回は4人掛けを選んだのですが、
同席したお2人の男性と自己紹介し合う子。
頼もしい!
 
 

車窓から

 
フィレンツェからはボローニャ
経由してミラノへ向かいます。
しばらくは田舎の風景が続く。
 f:id:blackjunjun:20140716060456j:plain
 
ミラノに近づくとどんどん建物が
増えていきます。
 
 
ヴェネチアからフィレンツェ
着いたときには都会だなぁと
思ったのですか、ミラノ中央駅
規模が違う。大都会。
これはスリがいてもおかしく
ないぞ!という雰囲気。
 
 
 

ミラノ中央駅の手荷物預かり所

 
スーツケースは駅で預かって
もらえます。
空港の手荷物カウンター並みに
しっかりしているところなので、
安心して預けていいと思いますよ。
案内板にも出ているので辿って
行けば着きます。
 
荷物はどんなに小さくても一つに
数えられて、別料金。
重さも一つ25キロまで。
スーツケースの重さがギリギリ
引っかかりそうでビクビクして
いたのですが、全く見ていなかった。。
引き換え券をもらい、料金は後払い。
 
 
 

ミラノの地下鉄

ミラノ中央駅から観光のメインである
ドゥオーモ広場までは地下鉄で。
 
ミラノの地下鉄は暗い、汚い。。
 
券売機では何時間券みたいなのは
買えないみたい。
見当たらないので1回券を購入した後に
窓口をみつけました。
 
路線は色分けされているので
わかりやすい。
 
 

ドゥオーモ

 
ミラノといえばこれ。
そんなに期待していなかったのですが、
存在感、すごかったです。
とにかく大きい。

f:id:blackjunjun:20140716061009p:plain

 

 

中に入ってからの方が大きさを
実感できますよ。
 

f:id:blackjunjun:20140613221926j:plain

これまでヨーロッパの国をいくつか
旅していろいろな教会に
入りましたが、この規模は初めて。
 
ステンドグラスもステキ!!!
 
 f:id:blackjunjun:20140716060551j:plain