読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子のいる生活 

旅するアート食人

日本野鳥の会の長靴が素晴らし過ぎる

つれづれ 賢く生きる
雨の日の足元、どうしてますか?

私は数年前からレインブーツ派です。
3代目のレインブーツを愛用しておりました。これに出会うまでは。

今回、旅先にて外で長時間の観光予定があることから雨対策の靴探しをしてたどり着いたのがこれ、日本野鳥の会のレインブーツ。
フェスなどに行かれる方の間では有名らしいのですが、本当にすごい!優れポイントをご紹介しますね。


1.折りたたみ可能である

「旅にレインブーツ」は履いていく以外無理だろうと思っていたのですが、このレインブーツはふくらはぎを包む長い部分が折りたたみ可能なのです。
袋に収納できちゃいます。完全にぺったんことは行きませんが、スーツケースの底の方に忍ばせておこうかと思うくらいの大きさにはなりますよ。


2.ショート丈でも使える

膝下まで覆われているレインブーツは大雨でも水溜りも気にせず歩けるのがありがたいのですが、そこまでの降りではないときに若干は鬱陶しい。
また、夏の暑いときにはムレも気になるところ。
そんなとき、このレインブーツは筒の部分を、くしゅくしゅと足首辺りにおろしてショートブーツ風にして履くこともできちゃいます。
f:id:blackjunjun:20150920211026j:image

今年流行りのガウチョパンツにも合わせやすい!


3.履き心地は本物

バードをウォッチする場所は舗装された道路ではありません。山道ぬかるみも歩けるように作られているこのレインブーツ、めちゃくちゃ歩きやすいです。

これまで履いていたレインブーツは、そこそこシェアのあるメーカーのものでしたが重くてお世辞にも歩きやすいとは言い難かったのです。

これは、足裏へは適度なフィット感があるにもかかわらず足首からふくらはぎ付近があまりに軽くて煩わしさがないのです。
ストレスフリーのレインブーツに出会ったのは初めて!


4.豊富なカラー&リーズナブルな価格

実はカラーも豊富。
茶色などの定番色だけでなく、赤や緑、カムフラ柄なども出ています。
茶色や緑ならば、キレイめカジュアルな洋服にも合わせやすいですね。

紐を止めてある丸っこい飾り?みたいなもの。これ、替えが付いてくるので自分で好きな色に交換可能です。至れり尽くせり!
f:id:blackjunjun:20150920211115j:image
そして、何と言ってもお安い!!送料なしならば5000円でお釣りがきちゃいますよ。

雨の日が楽しくなっちゃうこと間違いなし!