読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子のいる生活 

旅するアート食人

【 美食 】【人生グルメ会 】【子連れ南ドイツ旅 】 ドイツ飯 ~バイエルン州編~

美食 子連れ旅

ビールとソーセージの国というイメージの強いドイツ。正直、ご飯に期待はしていなかったのですが、思っていた以上に美味しかった!そして口に合う!   
写真とともにご紹介しますね。

 
 
パンケーキのスープ。
http://www.weisses-brauhaus.de/
あ、これは私的にはいまいち…コンソメスープに刻んだパンケーキが入っている感じ。なんで?と思うけど、プレッツェルが入っているバージョンも定番らしい。
f:id:blackjunjun:20151004171758j:image
 
ヴィーナーシュニッツエル。牛カツ。うまし。柔らかし。
付け合わせはジャガイモをゆでてマリネした感じのもの。冷たい。この後も何度か出会う。
f:id:blackjunjun:20151004171804j:image
 
 
ミュンヘンのホテルの朝食
ミュンヘン名物白ソーセージ(ヴァイスヴルスト)とニュルンベルガー・ローストブラートヴルストというソーセージ。
白ソーセージは午前中に食べないといけない食べ物。皮を剥いて吸うのが本場の食べ方。茶色の甘めのマスタードが気に入りました。
f:id:blackjunjun:20151004181055j:image
 

海のないミュンヘン
スモークサーモンはよく出てきましたが西洋ワサビでいただきます。
西洋ワサビは北海道でよく食べられている食材だけど、この組み合わせは初めて!よく合います!感動的。

f:id:blackjunjun:20151004172100j:image
 
ピクルスをニシンの酢漬けで包んだもの。定番みたい。オクトーバーフェストではこれのサンドが売られていました。
f:id:blackjunjun:20151004181142j:image
 
 
寒くて適当に頼んだスープはまたもやパンケーキのスープ。お団子は、レバー団子だと思う。
f:id:blackjunjun:20151004172246j:image
 
こちらは切り干し大根、ではなく、ザワークラウト。冷たいイメージだったのですが、暖かく湯気の立った状態ででてきました。もっと前に付け合わせで出会うかと思っていましたがお会いできなかったので自ら注文。
f:id:blackjunjun:20151004172334j:image
 
 
有名店クロイツカムのバームクーヘン
「ねんりんや」や「クラブハリエ」と比べてどうかと言われると難しいですが、これはこれで美味しい。適度な甘さ。
クロイツカムは2店舗あるけれど、レンバッハ広場の近くのほうが明るく開放的でよかったです。
f:id:blackjunjun:20151004180807j:image
 
 
1度は試す日本食「running sushi」
巻物の中身は、アボカド、きゅうり、かんぴょう。
味は・・・機械ではなく人が握っていましたが、日本人ではなかったです。
f:id:blackjunjun:20151004180921j:image
f:id:blackjunjun:20151004181006j:image
 
 
これ、最高!日本のウインナーってあまり好みじゃないタイプのものにあたることが多々あるのですが、ドイツはハズレなし!
子は、「長いパンにしたらはみ出さないのにね」と言っていましたが、豪快な感じがまた良いのだと思う。
f:id:blackjunjun:20151004184100j:image
 
 

フュッセンのレストランガストホーフ・クローネ    日本語メニューあり。豚ロースステーキ。柔らかくて美味しい。

f:id:blackjunjun:20151004184145j:image
 
季節のサラダ。大きい。。ディップにはアサツキに似たネギと思われるものが入っています。こんな感じでわりと野菜をとることはできました。ドイツは農業国でもありますし。
f:id:blackjunjun:20151004184212j:image
 
マッシュルームのスープはホッとする味。
f:id:blackjunjun:20151004184321j:image
 
 
アウグスブルクの駅内の売店
プレッツェルはどこで食べても美味しかった。
特にこれは最高!!プレッツェルの間にクリームチーズとアサツキ的なものを挟んだプレッツェルサンド。日本でも売れると思う!
f:id:blackjunjun:20151006175811j:image
 
 
フュッセンのホテルの朝食
この後スーパーでも出会ったマッシュルームの上にクリームチーズが載っているもの、とうがらし?的なものの中にクリームチーズが入っているもの。オイルにつけこまれているような感じ。名前は不明朝食ブュッフェに出てたけど、つまみとして最適。
ししとう的なものは辛いです。クリームチーズも、日本で食べるのとはちょっと違う。もう少し柔らかい感じ。でもワインに合うこと間違いなし!
f:id:blackjunjun:20151006163914j:image
 
 
 ローデンブルグのレストラングロッケ
名物のロールキャベツ。ボリューミー。
ソースはやや薄味だけど、日本の感覚で美味しく食べられましたよ。
f:id:blackjunjun:20151005082926j:image
f:id:blackjunjun:20151006163929j:image
 
 
付け合わせのマッシュポテト。やみつきになる。
f:id:blackjunjun:20151005082413j:image
 
ローデンブルグの街のお菓子屋さん
この街の有名なお菓子シュネーバル。雪玉という意味のこのお菓子は もっと大きいのが定番らしいけど、ミニサイズがあったのでノーマルとチョコがけをお試し。サクサクした細長い生地を丸めたもの。
f:id:blackjunjun:20151005082500j:image
 
 
バイエルン州編はここまで。
全体的に馴染みのある味。日本人には受け入れやすいお味なのではないかと思いました。
お肉は硬すぎないし、味もしっかり付いているし、どれもこれもお酒に合う感じですかね。
日本で食べるドイツパンもあまり得意ではなかったのですが、本場のはむしろ美味しく感じたし、プレッツェルは味も塩加減も最高!
イタリアですら微妙なことが多かったスイーツもハズレなし。
 
強いてバイエルン州の人につっこむとしたら、白米欲しー。キャベツは炒めても美味しいよー。
緯度が高いとはいえ北海道に似た感じのしたドイツ。お米は作れないのかな。。