読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子のいる生活 

旅するアート食人

【 子連れ南ドイツ旅 】ミュンヘンから自力でノイシュバンシュタイン城へ

シンデレラ城のモデルとして有名なノイシュバンシュタイン城

f:id:blackjunjun:20151109215126j:image
 
空から撮った映像を見かけることが多く山の中にポツリと建っている印象があり、辺鄙なところにあるのだろうと思っていました。が、意外にもミュンヘンから日帰り可能との情報。
 
確かに片道2時間なので、時間的には十分日帰り可能と思われましが、今回は子連れ&個人旅行だったので、見学後麓の街フュッセンに滞在しました。
 
 
城の予約
ノイシュバンシュタイン城内の見学は、時間制のツアー制のみ。自由に見て回ることはできません。ネットで事前予約可能です。日本語音声ガイドが利用できます。
予約はこちらから
 
天候のことなど不安要素はあったのですが、いざとなったら当日券を買い直してもいいやと思って事前予約しておきました。最終的にチケットセンターで決済されたので、予約だけしておいてキャンセルもありなのかも。
 
予約サイトはとてもわかりやすく、ノイシュバンシュタイン城、近くにあるホーエンシュバンガウ城、博物館の3つを単独あるいは組み合わせて予約できます。建物のアイコンで選択できるので、あまり英語がわからなくても簡単。事前予約手数料として1人1.8€かかります。
 
ここで注意が必要なのが、チケットの受け取り〆切時間として、城見学予約時間の1時間前を指定されること。日帰り滞在の場合などは、チケットセンターに着く時間を基準にして予約希望時間を決めたほうがいいですよ。
 
 
おそらく多くの観光客が利用する路線だと思うのですが、電車は鈍行のみ。時間帯によっては途中の ブーフローエ(Buchloe) で乗り換えが必要です。
同じような観光客がたくさんいたので迷うことはなかったです。乗換えが必要な場合は、席取りを頑張りましょう。
 
電車は1時間に1本。2時間くらい乗ります。
正規料金よりもバイエルンチケットを使うほうがお得。特に人数が多くなるほどお得。この旅で乗った電車で唯一、検札にきましたよ。

バイエルンチケットは、朝9時から使用可能なのですが、私たちがミュンヘンを出たのは8時台。ネットで調べたところ、9時を向かえる駅分までは別に切符を買っておけばいいと書いている人がいたので、そのようにしてみました。
 
ホームはミュンヘン中央駅の右端の奥まったところ。近くに刻印機もありますよ。
 
 
フュッセンからチケットセンターへ
事前リサーチで、フュッセンの駅は工事中との記載をよくみかけましたが、やはり工事中。
駅なの??と気がつかないくらいな感じで寂れています。
そんな駅のホーム前からチケットセンターのある   行きのバスが20分置きくらいのペースで出ています。
バス停には公園があるのみ。何もないです。
 

バス停前の公園。子は気に入ってましたよ。

f:id:blackjunjun:20151101230620j:image
 
バスには5〜10分ほど乗ります。
 
チケットセンターからみえる城
f:id:blackjunjun:20151101230558j:image
 
 
チケットセンターからお城へ
バスを下りて坂をのぼると、チケットセンターが見えてきます。当日券組の長蛇の列が目印。
11時前に到着しましたが、当日券の人たちのツアー時間は既に16時となっていました。やはり事前予約はしたほうがいいと思いますよ!
チケットセンターと2つのお城の位置関係はこんな感じ↓

http://www.hohenschwangau.de/fileadmin/broschueren/Ortsplan-Map_PDF.pdf

 
お城は山の上。ここからさらにバスで5分もしくは馬車で移動。私たちはバスで。
バスを降りるとお城はもうすぐそこ。
f:id:blackjunjun:20151101230746j:image
 
この高いところからの眺めも素晴らしくて、写真撮りまくり。もう1つのお城もみえます。
f:id:blackjunjun:20151101230816j:image
 
 写真など撮っているとお城はすぐそこに。
本当はここから行くことができるマリエン橋からのお城の眺めが絶景で、TVなどでみかけるのもここからの眺めらしいのですが、マリエン橋、現在工事中です。

工事中のマリエン橋。残念無念。
f:id:blackjunjun:20151109215145j:image

いよいよ城内へ
門をくぐったところにトイレがあります。そこを抜けると少し広場のようになっていて、電光掲示板がありました。
集合時間になるとツアー番号が表示されるので、電光掲示板の下から入場。
そこから先は残念ながら写真NG。

しばらく指示通りに進むと、音声ガイドを借りる窓口があります。
そこからは、ツアーガイドさんの操作によってガイドが流れるので、聞きながら進む感じ。

贅沢の極みみたいなお城。
中には洞窟があったりハイテクな部分もあったりで面白いです。

ツアーの最後にお土産コーナーが2ヶ所あります。そこからは自由行動。
1つ目のほうが広いけど、食器とか衣類とか高い物も多く、自分用という感じかな。2つ目にはお城のミニチュアなどが売っていました。

そこを抜け、城の厨房を見学してツアーは終了。
この厨房も現代でも使えそうな感じのハイテク度でした。
f:id:blackjunjun:20151103222546j:image
 

帰り道
チケットセンターに戻る帰り道は馬車に乗ってみました。蹄の音とお城の感じがマッチしていて、タイムスリップしたかのよう。馬車、オススメです。
f:id:blackjunjun:20151109215217j:image

チケットセンター付近まで戻ると、フュッセン行きバスのバス停には長蛇の列ができていました。
観光地化しているわりにバスは路線バスなので、時間と本数に限りがあるのです。インビスでソーセージなど買い食いしながら30分以上待ちました。

電車の時間が気になる場合はタクシー利用を考慮したほうがいいですよ。


そんなわけで、朝ミュンヘン発のノイシュバンシュタイン城見学。なかなかハードでした。