子のいる生活 

旅するアート食人

【書感】「1兆ドルコーチ」

いま話題になっているこの本。借りられたので読んでみました。

ビル・キャンベルは、スティーブ・ジョブズをはじめたくさんのシリコンバレーの有名どころのコーチをしていた方。

ビルは亡くなったのですが、ビルをリスペクトする方々が、ビルのコーチのやり方を残しておきたいという思いからできた本らしい。

そんな著名な人のコーチングの話ということは、もっと個人の力を伸ばすという方向の話なのかと思っていたのですが、そうではなかった。

この本は、まさにチームを作りたいと考えている私にとって出会いたいときに出会えた1冊となりました。

人は職場の協力的なコミュニティの一員だと感じると仕事に対する意欲が高まり生産性があがる。

前職では、少なくともわたしと上司・何人かのチームメンバーとはこの感じがあったのですごく仕事がしやすかった。これがどうしてできていたのかというと、上司の人柄がよかった上に信頼関係が構築できていたから。賛否両論あるところですが、上司とプライベートな話もしていたし、よく飲んでたし、お姉さんのような存在でした。そんな関係を築けたのは人数が少ないチームだったから、ということも大いに関係していそうな気がしていて。

ハイパフォーマンスなチームには野心的な人がいて、個人の目標を優先。利己的な人が利他的な人よりも有利になることがある。

今の悩みはこれ。こういうタイプ、当然外からの評価はいいのだけど中からの評判はすこぶる悪い。おまけにリーダーに対しても協力というよりは出し抜きたいという感じ丸出し。外からの評判を下げて気づいてもらうというよりは、自分で気がついてほしいのだけどまだ道半ば。本によると、どうしても難しいときにはバッサリ切ってもいいみたい、、。

ライバルからなるチームをコミュニティにかえて、足並み揃えて共通の目標に向かわせることが重要

これが私の今の目標。この職種、絶対そのほうが仕事しやすいから。

そして、この職について見よう見まねでとにかくはじめた1on1についても言及されていた。このフォーマットで進めるといいらしい。

職務に対するパフォーマンス

他部署との関係

マネージメントとリーダーシップ

イノベーション

これは、マネージャーや経営者級に対してビルがおこなっていた1on1ですが、雑談で終わりがちな私の1on1でもフォーマットをもつというところをパクろうと思いました。

最高のチームとは心理的安全性が最も高いチーム

ホンソレです。失敗は許されない、、なんていう人がいる今のチームをもう少しほんわかさせたいのです。もちろん仕事はしっかり。でも失敗していいからチャレンジしてほしい。

また今週も戦いがはじまりますわ。