子のいる生活 

旅するアート食人

外資に転職してみたらけっこう大変だった話

転職先として外資を視野に入れたのは、ぶっちゃけると海外出張いいなーっていうのが1番の理由でした。

 

子どもの頃の憧れだった"英語を使う仕事"を一度はしてみたいとも思っていましたが、それはTOEIC満点近い人が口にすることであって、700点後半から脱出できない人が言っていいことではないだろうと。ただ、使う機会がないのに勉強を続けるよりは、仕事で英語に触れられたら一気に上達するのだろうなぁとは思っていました。

 

外資からきた前職の同期からは「外資行った方がいいよ」と言われていたほどだったので、国内企業で燻っていたのは事実なのかと思います。自由に泳がせてくれたほうが成果出せると思っていたし、組織の壁とか勝手に超えていたので(一部反感もありましたが)、1回行けたらいいなぁという気持ちはありました。これはあくまでもわたしが持っていた外資のイメージで、実際には国内企業の方が自由だったな…。

とはいえ、そもそも英語面接を突破できる気がしなかったので、どんなものか経験する程度の気持ちで望みました。前回の転職の際も英語面接があって。そのときは今まで専門でやってきた業界だったこともあり通るには通ったのですが「この子、英語improveする気あるよね?」と言われたくらいだったので。

ところが、通っちゃったんですよね。英語面接。候補日を1番遠い日にセッティングしてもらって最大限事前に対策しましたが、まさか通るとは。

正直面接対策のskypeレッスンではけっこう厳しいことも言われたし、話すことを考えても覚えられなくて泣きそうだし。でも本番では、入ったらやりたいことと興味を持っていることについて聞かれて。そこはしっかりイメージをもっていたので、なぜか言及できたのです。自分の言葉で言えたというか…。

‪面接を通した上司はいま少し後悔していると思います。

まぁ、入ってみたらやっぱり現実は厳しいです。続きは次回。

外資系1年目のための英語の教科書

外資系1年目のための英語の教科書