子のいる生活 

旅するアート食人

子連れ韓国旅 -ホテルと夜の明洞編-

はじめてのソウル だったので、王道の明洞のホテルをセレクト。ロッテホテルはかなりお高かったのでその次かさらに次くらいの「ロイヤルホテル ソウル 」にしてみました。

f:id:blackjunjun:20190415114606j:image

明洞駅からは5分くらい。19時くらいに着いたので明洞の街には屋台が出ていて人も多くて圧倒されました。渋谷センター街感と屋台のアジア感。遅くまで空いているドラッグストア。眠らない街明洞。

 

ホテルはコンパクトだけど高級感もあって程よい感じ。

お部屋は広くはないけれど、都心ならこんなものかなという程度。バストイレも広くはないけれど清潔。なぜかアメニティは私の中では超高級なアロマテラピーアソシエイツのもの。香りが大好き過ぎて幸せ。となりに大きめのドラッグストア「オリーブ ヤング」があったり、目の前にはいつも並んでいる神仙ソルロンタンにセブンもスタバもあって便利なホテルでした。

f:id:blackjunjun:20190415114640j:image
f:id:blackjunjun:20190415114703j:image
f:id:blackjunjun:20190415114634j:image

 

ホテルまで歩く間に「明洞餃子」を発見。明洞の人気店の1つとして頭の中にインプットされていたお店。並んでいる様子がなかったので、荷物を置いてチェックインしてから行ってみました。

入ってみると中で並んでいて。5分くらい待ったら入れたのですが餃子は売り切れ。もう一つの名物「カルグクス」を頼みました。3人で1つでも十分な大きさ。キムチ付き。

f:id:blackjunjun:20190415114747j:image
f:id:blackjunjun:20190415114737j:image

後から来た人は餃子を食べられていたけど、きっと予約だったのでしょう。後から来た人にはキムチのお皿が空になるとすかさず足しに来ていたけれどたまたまでしょう…となんとなく??と思いながらソウルでの初地元ご飯終了。あ、ビールと餃子のイメージで行きましたがパッと見ビールはなかったです。飲んでいる人もみかけませんでした。

 

さて、ロイヤルホテルソウル は空港まで無料のバスが出ているのですが、金浦空港の場合はホテルからの帰りのみ利用可能。ということで明洞までは自力で行きました。

 

空港からは地下鉄マークを追いかけて地下通路へ。この通路はロッテプラザにも通じていて、帰りには時間潰しにふらっと行ってみました。

改札の手前のセブンイレブンで地下鉄やバスに乗れるTmoneyカードというものを購入し、券売機のようなマシンでチャージしました。2泊3日10000ウォンずつのチャージでも余ったほどだったので少なめでよいかと。 余った分は清算可能ですが、カード自体は買取なのでデポジットの概念はなし。それでも毎回切符を買う手間が省けて楽でしたよ。

f:id:blackjunjun:20190415115728j:image

 

 

 

 

 

 

子連れ韓国旅

子連れでソウルに行ってきました。マイルを使いやすいのがソウルだった、というのが選んだ理由。

f:id:blackjunjun:20190412074934j:image

正直、子連れの旅先としてどうなのか?と思うところはあったのですが、子がのってきたことと、同じクラスに韓国人ハーフが複数人いるということを子が知っていたので決定。名前だけじゃわからないので全く気がつかなかったけれどその子たちはもちろんハングルを書けるらしく、子が「オススメの場所聞いておく」なんていうのでまぁいいか、と。

 

近くて遠い国だった韓国。実は個人的にはあまりいい印象がなかったです。ここのところ緊迫状態が続いている国同士の問題もそうですが、20年以上前に行ったパリで同じホテルになった韓国人団体さんが、朝ごはんのビュッフェの席で持参したキムチの瓶をあけてハムにのせてくちゃくちゃ食べていたときの印象が強烈過ぎて…。

 

実際に行ってみると印象は変わりました。他人が親切だし物価も安い。日本語かかたことの英語でコミュニケーションは不自由なくとれるし食べ物も美味しい。東京にいるのと同じ感覚で過ごせて、ソウルなら1人でも来れるなぁと思いました。

f:id:blackjunjun:20190412075107j:image

困った点は、Google mapで徒歩の表示がされなかったことと、近距離でタクシーに断られたことくらい。

 

左ハンドル右車線なところやキャッシュレスが進んでいたり、スタバでもすでに紙ストローが使われているなど日本よりもアメリカ寄りだったり進んでいるところがある一方、場所によってはトイレに紙を捨てられなかったり、着陸前に見えたソウル郊外には本当に無機質な高層の集合住宅が点々と並んでいたりここは北か?いうほどだったり。進んでいる面と遅れている面が混在している感じがありました。

f:id:blackjunjun:20190412075005j:image

さて、子どもの楽しみどころがいまいち微妙な気がしていたので旅行中の楽しみを作るために、まず事前に簡単なハングルを覚えておくように言ってみました。仕事もバタバタな時期でママは覚える時間がないから任せるよー!と。子は素直に受け止めて学童にガイドブックを持って行って学び、「すみません」「こんにちは」「ありがとう」くらいの簡単な挨拶を覚えて旅にのぞみました。

そして、算数が得意で私よりも計算が速いので、お金の計算もお願いしておきました。子はこういうミッションを与えると燃えるタイプなので、この作戦は大成功!

もう一つ、どうしても街歩きや買い物の時間が多くなってしまうので、そんなときにも飽きずに楽しさを見出させるためにミラーレス一眼を持たせました。子からみた韓国の街を撮って!と。これ、今までの海外旅行でもやっていましたが、なかなか良い試みだと思っています。

 

子が困ったところは、焼肉屋さんでは辛くない食べ物が白米と肉くらいしかなかったところ。韓国の焼肉は、お肉を選べばキムチやネギサラダ、お肉を巻く葉物などはたくさん出てくるのですが、子が食べられるものがほぼなく。肉と白米好きでよかった。また、ソルロンタンという牛骨のスープにはまってくれたので辛いものが苦手な子にとっても韓国の食べ物の印象が悪くならずに済んだようです。

 

男の子なのでトイレにも少し困りました。男性便器にハエの絵のシールが貼ってあるらしく。そこを目がけてすることで飛び散らすのを避ける目的のようなのですが、子は本物の虫かその死骸だと思ったらしく、虫にかけて飛んできたらたいへん!と思い男子トイレで用を足すことができませんでした。最終的には慣れたのですが、調べれば書いてあったことだったので事前のリサーチ不足。

 

食べたものと行ったところはまた次回!

 

出張女子のくつろぎホテル 〜 札幌 札幌グランドホテル〜

地下歩行空間ができる前、札幌駅から大通りまで行くときに何度となく前を通っていた札幌グランドホテル。まさか泊まる機会があるなんて。

 

札幌のホテルを調べてみると、JRタワーホテル以外の駅前有名ホテルは基本的に古い。ビジネスホテルで新しいところはできているのだけど、今回もゆったり滞在したくかつ駅近くで探したところ、グランドホテルが浮上。朝ごはんの豪華さから人気らしいことがわかりました。


 

 

地下歩行空間を歩いて向かうとけっこう大通り寄り。ということは札駅も大通りもススキノまでも真っ直ぐ地下を通って行けるということで、かなり立地条件よいことに気がつきました。

 

さて、お部屋。特別広くはないけれどコンフォートフロアにしていただけたこともあり清潔で大満足。

f:id:blackjunjun:20190325082547j:image
f:id:blackjunjun:20190325082551j:image

バスタブも広い。ラベンダーのバスオイルがあるのもとてもよい。

f:id:blackjunjun:20190325082608j:image
f:id:blackjunjun:20190325082604j:image

 

朝ごはんはビュッフェのレストランと和定食のレストランから選べました。ビュッフェのほうはもうボリュームありすぎてみただけでお腹いっぱいになる感じ。 ドリンクコーナーから攻めていて、道産の牛乳のほかカツゲンまでありました。

和食コーナーも洋食コーナーも北海道産の食材をふんだんに使っていて迷う迷う。グランドホテルブランドとして有名なスープやカレー、アップルパイまであって食べ過ぎました。

2日目は和定食へ。こちらはご飯、おかゆに加えて限定20色の野菜御前のようなものがあったので、野菜をセレクト。和定食を選ぶとデザートがないのでは?と心配になる方もいるかと思いますが、こちらにもちゃんとアップルパイはありましたよ。

f:id:blackjunjun:20190325083630j:image

北海道観光の場合は食べたい物がたくさんあると思うので、無理して朝食を付けなくてもいいかもしれませんね。全体的に体重増量を避けられない出張となりました。

 

 

出張女子のくつろぎホテル 〜 沖縄 ANAクラウンプラザ沖縄ハーバービュー 〜

みんな大好き沖縄出張。たとえ那覇だけの滞在だとしても少しでもリゾート気分を味わいたく、今回は「ANAクラウンプラザ沖縄ハーバービュー ホテル」を選んでみました。


 

 

もともとは「ハーバービュー ホテル」だったらしく建物概観は古いです。タクシーの運転手さんにも1発で通じなかったりはします。高台にあるので坂道を登らねばなりませんが、県庁前駅が充分徒歩圏内。そして、坂を下ったところには美味しいパンのあるカフェ(リピートしました)や心惹かれるお店がある。国際通りみたいにガヤガヤもしていない。立地気に入りました!

カフェにて。この卵サンドが美味しくて店員さんにその旨お伝えしてしまったほど。

那覇市泉崎オハコルテベーカリー

f:id:blackjunjun:20190322014643j:image

 

お部屋もちゃんとリニューアルされているっぽく申し分なし。

f:id:blackjunjun:20190322014542j:image
f:id:blackjunjun:20190322014546j:image
f:id:blackjunjun:20190322014550j:image

バスタブが広くて入浴剤もあるし(バスクリンですが)アメニティが充実しているのもうれしい。睡眠に力をいれているらしく、寝る前用や朝用のお茶や蒸気でホットアイマスクも用意されている上に体重計もあって至れり尽くせり。

f:id:blackjunjun:20190322014615j:image
f:id:blackjunjun:20190322014622j:image
f:id:blackjunjun:20190322014618j:image

 

さて、ANA系のホテルはIHGというインターコンチネンタルのグループに入るらしく、無料なのでと勧められて会員になってみました。ポイントを貯めるとお得に泊まれたりするらしいのですが、ポイントが付くのは専用サイトからの申し込み時だけ。それでも会員になると滞在中にちょいちょい特典があるのでなかなかオススメ。

内容はホテルによるみたいなのですが、こちらではミネラルウォーターがもらえてチェックアウト時間が延長されました。朝食時もreward会員様 として扱われ、食前の飲み物をいただけたり、卵料理はオーダーを聞いて持ってきてくれるので、よくあるオムレツの列に並ぶ必要なし。ほんの少しだけいい気分を味わえました。

 

もうひとつ特筆すべきこととしては、24時間オープンのフィットネス施設がついていること。24時間って最近なかなかないです。広くはないですが、筋トレ系少々と有酸素系数台、マットのコーナーにはバランスボールなどあり、シューズレンタル無料。

出張時にはどうしても食べ過ぎ飲み過ぎ傾向になってしまうのでホテルで運動できるのはありがたい。

 

出張といえばビジネスホテルが一般的ですが、仕事効率アップのためにもしっかり休める環境も大事!

肉山に登ってきた

ずーっと登ってみたかった山、肉山。とうとう登る機会を得ました。

f:id:blackjunjun:20190319095331j:image

店員さんから"窓"と呼ばれる席は、窓側カウンターで、調理の様子がよくみえました。炭火で焼かれるホイルに包まれたものの中身が気になってしょうがない。

順にお届けします。
f:id:blackjunjun:20190319095308j:image
f:id:blackjunjun:20190319095341j:image
f:id:blackjunjun:20190319095347j:image
f:id:blackjunjun:20190319095322j:image
f:id:blackjunjun:20190319095335j:image
f:id:blackjunjun:20190319095318j:image
f:id:blackjunjun:20190319095314j:image
f:id:blackjunjun:20190319095415j:image
f:id:blackjunjun:20190319095410j:image
f:id:blackjunjun:20190319095326j:image
f:id:blackjunjun:20190319095354j:image
f:id:blackjunjun:20190319095302j:image

友人には思ってたよりお肉が少なかった…と申したのですが、けっこうあったかも。切り分けて余ったお肉までいただいたのに…

お肉に期待するあまりお酒をかなり控えたのと、早食いなのと大食いなのとで麻痺していたのかも。

 

予約は取れませんが、当日ひょいって空くのでそこが狙い目。


 

出張女子のひとりご飯 〜 帯広でいろいろ 〜

あれもこれも食べたいけど、そんなにチャンスないだろうなぁと思っていたら、意外に時間も機会もあって全部食べて結果満足でも太る。

帯広のおススメは、ネットで調べてもお友達に聞いても挙がってきたものはだいたい同じでした。

まずは豚丼。駅前の有名店「ぱんちょう」へ。お肉の枚数でお値段変わるということで、1番小さいのにしてみました。

f:id:blackjunjun:20190318221843j:image

f:id:blackjunjun:20190318221953j:image

充分!!甘辛タレがたまらん。

 

お次はデザート。六花亭本店へ。サクサクパイはここだけかと思ったら、空港とか札幌でも食べられるらしい。カフェにも惹かれたのですが、1階の喫茶コーナーでコーヒーが飲めるというのでこちらで立ち食い。

f:id:blackjunjun:20190318222559j:image
f:id:blackjunjun:20190318222610j:image

サクサクパイのほか、こちらが本店ならではらしいです。
f:id:blackjunjun:20190318222605j:image

 

帯広行くなら「インデアンカレー」。豚丼のお肉の枚数を最低限にとどめたので、行ってみました。

f:id:blackjunjun:20190318223010j:image

本当にルーだけお持ち帰りの人とか来ていて。

わたしは インデアン の エビ を注文。
f:id:blackjunjun:20190318223015j:image
f:id:blackjunjun:20190318223019j:image

ほどよい辛さ。エビの量半端ない。ベースはボンカレーのような懐かい味。悪くはない。コスパもよい。

でも所詮はカレーなので、、豚丼とかスイーツを優先してください!


 


 

 

 

 

出張女子のくつろぎホテル 〜 帯広 森のスパリゾート 北海道ホテル 〜

不便じゃない距離感で温泉などついていてお値段お手頃ときたら、ビジネスホテルではなくリゾートホテルを選びたい派です。

f:id:blackjunjun:20190228104436j:image

名前に"森のスパリゾート"とついているのでどんな森の中かと思ったら帯広駅から10分。空港バスも止まる。なんだ、ビジネス利用圏内!

森のスパリゾート 北海道ホテル

そうなるとむしろほんとに森なのか気になるところでしたが、冬ということもあって葉のない木々の隙間から民家や何かがみえるくらいの森。やっぱり。それでもその森にリスがいましたよ!季節がかわればもっと森感が出てくるのかも。


f:id:blackjunjun:20190228113540j:image到着が遅めだったのでこの日はホテルで食事をしようと決めていたのですが、ホテルのレストランは宴会に使われることが多いようで。20時以降なら空きます、と言われました。メインのレストランの一角のBarゾーン(朝はドリンクコーナー化していた…)でホエー豚の生ハムなどいただきました。

あ、お部屋はアップグレードしていただきガーデンウイングのデラックスダブルへ。土地もあるのでお部屋が広い。広すぎる。

f:id:blackjunjun:20190228105025j:image
f:id:blackjunjun:20190228105029j:image
f:id:blackjunjun:20190228105046j:image
f:id:blackjunjun:20190228105040j:image

お腹も満たされて温泉へ。ここモール温泉という北海道遺産になっている温泉。植物由来?のお湯らしく少し茶色っぽくてぬるっとした感じ。外気氷点下の中入る露天風呂、いつまででも入っていられる気がしましたよ。

 

朝食は和食、洋食、スープカレーから選択可能。洋食を推している印象を受けたので洋食をセレクト。特筆すべき感じはないけれど、パンは焼きたてだし変わった名前のヨーグルトとかホワイトコーヒーや泡立つアイスコーヒーなどちょいちょい心くすぐってきました。

f:id:blackjunjun:20190228113440j:image

泉質がよかったなー。近所にコンビニは見当たらなかったですが徒歩圏内にイオンもあり帯広スイーツ巡りにも便利かと思いますよ。

f:id:blackjunjun:20190228105035j:image