子のいる生活 

旅するアート食人

大塚国際美術館に行ってきた

話題のスポット、徳島鳴門の「大塚国際美術館」に行ってきました。

まさか紅白で話題になるとは思ってもいなかったのですがおかげでかなり人が多かったみたい。 

*紅白で米津幻師さんが歌った場所…

f:id:blackjunjun:20190117085834j:image

ここがすごいのは作品全てがレプリカであるということ。「大塚」はポカリスエット大塚製薬さんの大塚。大塚さん、鳴門海峡の砂で精巧な陶版を作る技術を開発。かなり大きなものも作ることができるようになったけど売れなくて、何かに活用したいということから美術品を作ろうという発想に至ったらしい。

 

全て陶版に描かれているので大きい絵にはつなぎ目があったりします。陶版は劣化もしないらしいのです。

つなぎ目

f:id:blackjunjun:20190117085920j:image

ニセモノなんて…と思うかもしれませんが、正直、素人目には本物かニセモノかなんて区別つかない。そして、レプリカだからこその良さもあります。

 

まず、写真OKなこと。海外の美術館なら写真OKなところもありますが、日本の美術館は大概NG。ここは自由です。絵と写真を撮って何になる?という話もありますが、思い出?

 

そして、触れる。陶版ときくと思わず触ってみたくなって。よく絵の前にある「ここより近づかないで」の線もないし、長傘を持ち歩いている人も普通にいたし(それはどうかと思いましたが…)、有名な作品が急に身近に感じられてよかったです。

 

今はそんな時代ではないかもですが、学生の頃にここで作品をみて、新婚旅行で本物を見に行って欲しい という思いがあるらしいです。

 

本物をみたことがある作品もありましたが、こう一気に有名なものをみることで、時代ごとのまとまり感や変遷みたいなものを感じることができてとても良かった。

 

入場料は大人で3000円超え。高い!との声もあるらしいですが、例えば今(1/15日現在)都内ではフェルメール展とムンク展とルーベンス展をみることができるみたいなのだけど、それを一気にゆったり見られると思ったら。妥当なのでは?

f:id:blackjunjun:20190117090010j:image
f:id:blackjunjun:20190117090014j:image

 

うわさのシスティーナホール。紅白はもちろん、白鵬水野真紀さんの結婚式などにも使われたらしいですよ。

f:id:blackjunjun:20190117090107j:image

 

ランチはレストランガーデンで。「最後の晩餐」を。

f:id:blackjunjun:20190117121605j:image

「最後の晩餐」は修復前後の両方がみられるのです。ちなんで赤ワインと白パンのセット。お肉やお魚は徳島の土地のものが使われていてなかなかよかった。

 

せっかくなので、お茶も…こちらはモネの睡蓮の展示がある池がみえるカフェ・ド・ジヴェルニーで。ムンクセット。

f:id:blackjunjun:20190117121827j:image
f:id:blackjunjun:20190117121834j:image

 

睡蓮もよかったですが、館内全体ではゴッホのひまわり推しのようで。ひまわり関連のものがいろいろ。

f:id:blackjunjun:20190117121938j:image
f:id:blackjunjun:20190117121934j:image

それもそのはずで、ゴッホのひまわり7作品を並べてみられるのです。

f:id:blackjunjun:20190117122010j:image

 

駆け足でまわりましたが、バスまで少し時間が余ったので、館内ツアーについていってみました。やはりガイドさんがいたほうが理解が深まっていいと思う。時間がある方にはツアーか音声ガイドの利用をおすすめします。

 

徳島駅からのアクセスの悪さだけが残念(路線バスで1時間ちょい)ですが、全体的には大満足。

 

子供が学校で美術を学ぶようになったら一緒に来たいです。

出張女子のスポット観光 〜 金沢 21世紀美術館へ 〜

ついに!ずっと行きたかたったところの1つ、金沢21世紀美術館に行くことができました。感謝!

 

ここはシステムが少しわかりにくい。それは有料ゾーンと無料ゾーンがあるから。兼六園から近いこともありオープン前から人がすごかったけど、有料ゾーンはあまり混んでいなかった。。

休日ということもあり一応オープン前から並びましたが、そこまでしなくても大丈夫かも。

 

有名なレアンドロ・エルリッヒのスイミング・プールは上から見るだけなら無料でOK。下に入るなら有料。下へ行くにはレモンのような香りのする長い通路を歩きます。

上から〜

f:id:blackjunjun:20181130190125j:image

下から〜
f:id:blackjunjun:20181130190120j:image
f:id:blackjunjun:20181130190115j:image

 

そしてやっぱりタレルが好き。ここも無料ゾーンだなんて。なんて贅沢な!

f:id:blackjunjun:20181130190230j:image

 

有料ゾーンの内部は写真禁止なのだけど。美術館建物周囲もすんごく楽しくて。

f:id:blackjunjun:20181130190327j:image
f:id:blackjunjun:20181130190340j:image
f:id:blackjunjun:20181130190333j:image

お天気だったこともあり、美術館かなり満喫!

 

ウイスキーフェスティバルに行ってみた

ダイエットしてるならハイボール(いや、そもそも飲むな!)ということもあり、ビールよりもウイスキーに親しむ日々。

居酒屋ですと角とジムビームの選択くらいであまり違いがわからないのですが、ウイスキーはほんとはとても奥が深い(らしい…)。

ということでウイスキーフェスティバルに行ってみました!

http://whiskyfestival.jp/

f:id:blackjunjun:20181126114925j:image

当日券は5000円。前売り券もあり。会場に入るといるだけで酔いそうなくらいに匂いがプンプン。入口でチェイサー用のお水のペットボトルを渡されます。引っ切り無しに、水を飲むように!なくなったら場内の水コーナーで足すように!とアナウンスあり。

 

f:id:blackjunjun:20181126114936j:image

こんな感じでいろいろなウイスキーが無料だったり、有料だったりで試飲可能。ストレートだけでなくハイボールにもしてくれます。はじめからハイボールで配布しているところもあって、好きな人にはたまらないでしょうね。とにかく飲み過ぎる。

 

樽から直接注いでくれるようなところもあったり。

f:id:blackjunjun:20181126115005j:image

 

ストレートだと度数が高いので、ひと口ずつでもかなり酔う。ジンとかテキーラとかウイスキー以外のものもあり、ツウな人はつまみ持参。もちろんチーズやハムなども売っていました。

 

奥にはカクテルコーナーもあって、その場でシャカシャカしたものを配布。まぁ、当然いろいろ味見。

 

みなさん酔っ払いなので、少しぶつかってもニコッと許し合えたり、まぁなんだか幸せな感じ。昼間っからかなり酔っ払ってしまいました。自分はスモーキーで少しくせのあるのが好きということもわかりました。

 

すごく人が多かったのですが、年々増加傾向らしいです。年齢層も幅広く、ウイスキー人気を肌で感じましたー。

 

出張女子のくつろぎホテル 〜 大阪 HOTEL SHE, OSAKA 〜

龍崎翔子さんプロデュースの話題のソーシャルホテル「HOTEL SHE, OSAKA」 に泊まってみました。大阪出張時は利便性から梅田近辺に泊まることが多いので、弁天町ってだけでやや冒険。

f:id:blackjunjun:20181118170734j:image

全国にソーシャルホテルは増えたけどバストイレ共用のところがほとんどの中、ここは各部屋についているので、まぁふつうのホテルと思ってよい感じ。共用のキッチンがあったり、フロント前にくつろげる場があったり、カフェも併設されていたのだけど、わたしは特にほかの宿泊者と交流する感じはなく1人くつろぎました。

大阪環状線の弁天町駅から歩くと7分くらい。天保山行きのバスだともう少し歩かなくて済むので、わたしはバスを使いました。

賑やかなパチンコ屋さんの横にあり、店員さんがEXILEっぽい若い男の方たちばかりでやや緊張。

 

鍵がステキ

f:id:blackjunjun:20181118170853j:image

 

廊下。落ち着いた感じ。
f:id:blackjunjun:20181118170857j:image

 

ダブルベッドのお部屋は広くはないけど水色の壁で清潔感オシャレ感あり

f:id:blackjunjun:20181118170847j:image

 

入口からみるとこんな感じ
f:id:blackjunjun:20181118170840j:image

 

各部屋にレコードプレーヤーが置いてあって。オススメのレコードも2枚置いてあります。フロントで借りることもできます。久しぶりすぎて針をどこに置いたらいいんだっけ?ってなった
f:id:blackjunjun:20181118170833j:image

 

1階のカフェで箕面ビールなど
f:id:blackjunjun:20181118170844j:image

コーヒーが売りのカフェみたいだったからカプチーノ
f:id:blackjunjun:20181118170837j:image

 

お部屋にあったレコード

f:id:blackjunjun:20181119060039j:image

 

USJまでリムジンで送ってもらえるサービスもあるらしい
f:id:blackjunjun:20181119060032j:image

 

ビジネス向けチェーンホテルは安定安心感はあるのどけど、少し足をのばしてもお手頃価格でわざわざ泊まりに行きたくなるホテル、もっと増えるといいなぁと思います。

 

出張女子のスポット観光 〜 倉敷美観地区のカフェ2選 〜

美観地区のカフェといえば!なベタなお店2軒に行ってました。

ほぼ初めて行くような感じの場所で特別な情報がないは場合にはベタなところを攻めると大きく外すことはないかなと思っています。

 

エル・グレコ

大原美術館の横になってある超有名なカフェ。美術館をみた人がコーヒーを飲める場所として作られたとか。

f:id:blackjunjun:20181114112943j:image

お昼どきに勢いよく入ったら、「ランチはないですよ」と言われたのですが引っ込みつかなくなり着席。外観の感じとほぼ美術館併設ということでキッチリした感じを想像していたのですが、街の喫茶店の雰囲気。

このシロップ入れ?懐かしい。よくハチミツが入っていたような…
f:id:blackjunjun:20181114112954j:image

お腹も空いていたので、オススメのレアチーズケーキもいただいてみました。
f:id:blackjunjun:20181114112950j:image

うん、全体的にわりとふつうな感じ。

 

倉敷珈琲館

琥珀の女王というコーヒーをアレンジしたものが有名なここ。まぁ、存在を知ってしまったので、頼みますよね。

琥珀の女王」リキュール入り。うーん…不思議な飲み物。甘過ぎもなくにがすぎもなく。でも珈琲でもないよ。。そしてかなり小さいよ。。

f:id:blackjunjun:20181115204618j:image

 

普通の珈琲頼めばよかった(ボソボソ…)
f:id:blackjunjun:20181115204614j:image

 

雰囲気の良いステキな珈琲屋さんでしたよ。

優しい虐待 幡野広志さんの作品展に行ってみた

写真家で多発性骨髄腫を患ってらっしゃる幡野広志さんの作品展に行ってきました。

https://www.php.co.jp/news/2018/11/hatanohiroshi.php

ソニーイメージングギャラリーの狭い空間に、幡野さんがご自身のお子さんを撮った写真が飾られていて。いくつかの作品の下にはノートの切れ端みたいなのに書かれた幡野さんのコメントがありました。"SNS OK"も切れ端メモみたいなのに書いて貼られていました。

f:id:blackjunjun:20181114055228j:image

 

もちろん写真家さんなのでクオリティは素人とは別格なのだけど、余命を告げられている人だと思ってみてしまうからなのか途中からお子さんへの愛の溢れっぷりを感じて泣けてしまいました。

 

廊下には、飾りきれなかった写真がスライドで流されていて、見たかったけど見れなかった。

 

お子さんのこと、ずっと撮り続けたいだろうなぁと。お父さんがいなくなって、一緒に過ごした日々があったことが記憶にもなくなってしまったとして。物心ついてこれらの作品をみたときにどう感じるのかな?とか。本当に余計なお世話なんだけど、考えてしまった。

 

帰り道、少し前に話題になっていて気になっていたこの本を買って読みました。

ぼくが子どものころ、ほしかった親になる。

ぼくが子どものころ、ほしかった親になる。

 

お子さんが生まれる前にやっていたこと、生まれてからされていること、もしかしたらもうこの世にいないかもしれないけどこういう時がきたらこうしたいんだということ。

親としてこう接したい、こういう子に育って欲しいという思いが綴られていました。

中でも印象に残ったのが「優しい虐待」のこと。幡野さん、お子さんに優しい子になって欲しいという思いから「優」と名付けたらしいんだけど、優しくはなって欲しいが「優しい虐待」はしてはいけない、と。

優しい虐待は世の中に本当に溢れていると思う。特にガン患者となってからは幡野さんもたくさん優しい虐待を受けたらしい。詳しく本の中で語られています。

急な平日休みに近くいたから寄った写真展からの読書。有意義な休日となりました。

 

きになるき again

最近は本当にコスパの良いお店に行きたい気分。渋谷の「きになるき」に再び行ってきました。

 

こだわりの食材をこだわりの調理法で出してくれてこだわりのお酒飲み放題で5500円。こんな最高なところないよねー。時間厳守とかいろいろあるけど、全然いい。守ります。

今回も、翌日尿酸値高めになりそうなラインナップ

まずはあん肝。写真ボケましたー。これ、ほんっと美味しい。その辺の居酒屋のあん肝は別の食べ物としか思えなくなる…この時点で日本酒を欲する。

f:id:blackjunjun:20181106100232j:image

 

クジラさん。これも最高です。臭みなど全くなく。お肉食べている感覚。
f:id:blackjunjun:20181106100240j:image

 

今回の忘れられない味となったのはこのきのこご飯の上にのったいくら。いくらの醤油漬けは地元の名物なので食べ飽きるほど食べてきましたが、これは出汁漬け。味はもちろん醤油漬けほど醤油におかされすぎてなく絶妙なのでふ。初体験。親にリクエスト決定。

f:id:blackjunjun:20181106100333j:image

 

めかぶで落ち着きを取り戻し(ここにも魚卵が…)
f:id:blackjunjun:20181106100316j:image

 

生しらすで再びプリン体摂取。この漬け感もほんとよかった。
f:id:blackjunjun:20181106100228j:image

白子の季節。チーズのせて焼いてありました。
f:id:blackjunjun:20181106100324j:image

 

今日の熟成まぐろ。今日はネギトロもいけるとのこと!
f:id:blackjunjun:20181106100254j:image

 

まぐろ苦手な連れもこれは美味しい!と。
f:id:blackjunjun:20181106100244j:image

 

メインはロッシーニ。牛肉100%のハンバーグにあん肝をのせて。見た目気取っていないところも大変よい。牛肉100%ってなかなか作るのが大変らしいです。
f:id:blackjunjun:20181106100320j:image

 

〆はざるそばにみえるけど、たらこスパゲッティ。
f:id:blackjunjun:20181106100329j:image

 

飲み放題の悪いところは飲みすぎるところ。つまみがいいから余計に飲み過ぎてしまいました。食材やお酒の話を聞けるのも楽しくて好き。

16日からは牡蠣の土手鍋だそうです!