子のいる生活 

旅するアート食人

親しくない人と話す

最近「1日1回はあまり親しくない人と長めに話してみる」というのをやってみています。

f:id:blackjunjun:20180121211526j:image

たまたま仕事で一緒になったり、帰りが一緒になったりしていい感じに続いています!意識してみると意外にそんな機会はあるということもわかりました。

 

苦手と思っていた人でも話してみると違ったり、やっぱり苦手だったり。どういうタイプの人が話しやすいとか話しにくいとか。

 

そういうのを分析して日記に書いて自分を知る方法の1つに加えています。人と話すのは好きなのでけっこう面白い!

自分の人生って、、

子どもが生まれてからと生まれる前の決定的な違いは、子どもがいると自分のことだけに使える時間が減ったことかなぁと思います。 

 

介護とかペットを飼っているとか、もしかしたら夫婦間でもそういう関係性の人はいるかもしれないので子どもの有無だけではないのかもしれないけれど。

 f:id:blackjunjun:20180120165216j:image

わたしは「子どもはどうせ離れていくから」と小さいうちから自分の時間も大事にしてきた口。それでも振り回されるので、全く思い通りにできてきたわけではないですが、自分の人生も諦めずにきたほうかなぁと思っています。少なくとも気持ち的には!これがよかったのか悪かったのかは死ぬときまでわからないのだと思うし、誰が良し悪しを判断するのかもわからないので、死ぬときに自分が良かったと思えればそれでいいのかもしれません。子どものことばかり考えて「子ども中心に生きること」を少しやってみたかった気もしています。

 

わたしみたいなのはレアなほうで。周りの多くのママたちは、自分のことは後回しで子育てに注力しているようにみえました。

例えば、自分に投資などしなくなる。今どきは髪の毛振り乱して…なんてことはないですし身の回りのものにお金をかけている人はたくさんいますが、時間を使わなくなる。習い事やジム通いをわざわざしようとしない、飲みにも滅多に行かない(ジム通っているなんていうと顰蹙ものでした…)。子どもと一緒に寝ない日はない(当直や出張があるとか言いにくかった)のも一般的。

 

そういうママ達の集いではママ同士愚痴って発散してましたし(話合わせてきました)、発散できればいいですし、まぁなんだかんだいっても子どものほうから離れていくのですから、子育ては介護よりは先がみえる。

介護は「ママ友」みたいな存在と愚痴って発散することも難しいだろうし、先はみえないし、本当に孤独だと辛いだろうなぁ。小室さん…

 

子育て中でも介護中でも、堂々と自分の人生楽しんでたっていいと思うんだけどな。耐えないといけない、、一瞬であっても楽しんでいてはいけない、みたいなのおかしいと思うんだけどなぁ。

 

もっと自分にも他人にも寛容に接してもいいのでは?などと思うニュースが多くて、とりとめのないことをつらつら書いてしまいました。

カンノーリとエスプレッソと。

イタリアには過去2回ほど行きましたが、お気軽な感じでコーヒーやエスプレッソを楽しめるバルがすごーく羨ましくて。

日本にも東京にもあったらいいのになぁと思っていました。

 

ほんのすこーし近いものが東京駅地下のEATALYの一角になんとなくあって。

カンノーリとエスプレッソ休憩してきました。

Eataly Tokyo

f:id:blackjunjun:20180119173435j:image

 

私が思うイタリアのバルと違う点は、キレイすぎるのと立地と利用者と店員が若い女子なところとかいろいろだけどスタンド(椅子あったけど)で気軽にちょいと1杯飲んで立ち去る。みたいなことはできそうです。

f:id:blackjunjun:20180119181401j:image

本当は毎朝通って店員もお客さんも顔馴染みが多くて、でもお互い根掘り葉掘りは知らなくて。昨日飲みすぎたの?とか今日はデート?とかそんな話をちょっとできるみたいな関係がある場に憧れています。

お客さんも、出勤前の人から近所の人、保育園に子を送って出勤途中の人など老若男女問わず集えたらいい。

 

 f:id:blackjunjun:20180119181407j:image

カンノーリはリコッタチーズがたっぷり詰まっていて、両サイドにアーモンドやピスタチオなどをトッピングできます。しっとりだけどサクっとした生地と甘すぎないけど生クリームを思わせるリコッタチーズが絶妙。

 

いつかイタリアみたいなバルが近所にできないかなぁ。

 

 

 

 

単語帳メーカーを使ってみた

スパルタ系の英会話に通って早9ヶ月。

明らかにインプット不足のため話せないということがわかっているのでフレーズを書き留めているのですが、書いたら満足で見返して覚えようとしない。

単語帳が欲しいなぁと思い、アプリをみつけたので作ってみました。

 

まず、書き出してあった(EVERNOTEに入れていた)フレーズ達をエクセルにコピペ。それをインポートしたらできました!多少手こずりましたがまぁなんとか。

 すごーくシンプル。バックが白いから分かりにくいかも。。

 f:id:blackjunjun:20180118162106j:image

 

タップすると裏になる

 f:id:blackjunjun:20180118161908j:image

 

ページをめくると次のフレーズに移動。

 

解説なしにはインポートができなかったのですが、

ここみればなんとかできました!

単語帳メーカー フラッシュカードを作成できる無料アプリ

 

使用感はまたレポートします。

 

朝の1人時間

オフィスに向かう日は満員電車を避けて早めに出勤しスタバで過ごします。1人朝活!

f:id:blackjunjun:20180118084840j:image

この1時間は本当に貴重で。

本当は全て英語の勉強に当てたいところなのですが、いつの間にか前日の振り返りとレシート整理とブログ書きと、、英語の時間がどんどん削られていっています。

 

さすがにコーヒー1杯で1時間以上長居するのも申し訳ないので朝以外にも1人時間を取れるタイミングを作りたいと考えています。

やっぱりランチタイムがいいですよねー。

 

そして最近人と会ってお話することが自分には必要だし好きだということがわかってきたので、誰かと会う朝活もまたやりたいなぁと思い始めてきました。

働き方改革って難しいんだろうなぁ

どこの会社も政府も働き方改革とか言っていますけど、難しいなぁと思います。

f:id:blackjunjun:20180116143941j:image 

制度が整っても気持ちがついていかない人が意外と多いみたいで。

 

例えばテレワークが進んだとして。

子持ちの人であれば、朝の出社時間や帰りのお迎え時間を優先して仕事時間や仕事する場所を調整できるのは本当にありがたいし、子がインフルなどにかかったときに、家で仕事をして有給を保持できるのは本当にステキなこと。

 

また出張属であれば、直行直帰が堂々とできるのは無駄な移動を減らせてありがたい。

 

でも、、これまで定時があって、満員電車に乗るのが当たり前で、みんなでランチに行って、仕事の後は飲みに行って。そういうもの含めて仕事として認識してきた例えばわたしの上司のおじさまような方にとっては、頭ではわかっていても腹落ちして自分も積極的に利用しようという風にはなるのは難しい気がします。

 

顔を合わせなくても仕事はできますし、メールや電話だけじゃなくメッセージやスカイプなど使えばコンタクトもとれる。飲みにいかなくても話はできるし、ランチも1人でできる。いや、むしろ1人になりたい時間がある。

1人でランチしたいことがあるなんて夢にも思わないかのように、上司はいつもわたしのランチの心配をしてくれます。

 

テレワークしたくない人もいる、だから来たい人は今まで通り会社に来てもいいんですよ〜と言ってあげたほうが進んだりして。なんて思ったりもします。

 

 

指輪の話

ネックレスのお直しにジュエリーショップに行ったらネックレスとお揃いの指輪を紹介されて。指と指輪の話を教えてもらいました。

 f:id:blackjunjun:20180116101731j:image

やりたいことがあるときに左手の人差し指に指輪をするのは、良い「気」が入ってくるのでいいことらいしです。

 

右の小指は願かけ、左の小指は今の幸せを留める、らしい。

 

若い頃、そんなことを聞いたことがあったような気もしましたがすっかり忘れていました。

 

チェーンがよく切れて直してもらいつつクリーニングしてもうことが多いのですが、このネックレスは自分で買ったもの。

 

昔はジュエリーは男子からもらうもの!って思っていましたが、自分で買うのも大人になった感満載でとてもいいです。大事にするし。

 

前職ではつけられなかったしあまり興味があるほうではなかったのですが、キラキラのピンキーリングがかわいくて欲しくなりました。