子のいる生活 

旅するアート食人

出張じゃないけどくつろぎホテル〜星のや東京〜

都外に出ないで温泉付きの宿に泊まりたい。

いや、ないでしょと思っていましたが、意外に選択肢増えてきているみたいです。例えばこことか。

ONSEN RYOKAN 由縁 新宿 | ONSEN RYOKAN YUEN SHINJUKU | UDS HOTELS | UDSグループホテル公式サイト

今回は、旅に出られないので少し非日常感も満たしたく、奮発して「星のや東京」に泊まってきました。

https://hoshinoya.com/tokyo/en/

ビルの中にあるんだっけ?と思ったら星のやだけで1つの建物。大手町、オフィス街なので窓に格子のようなものが付いているビルでした。

エントランスを入ると、和の世界。靴、脱ぎますよ。

f:id:blackjunjun:20200905095125j:image
f:id:blackjunjun:20200905095119j:image

外国の方、抵抗ないのかしら?靴下穴空いてないかしら?などと余計なこと考えてしまった。

 

コロナのせいか、ここの時点で自分のお部屋の階数を教えてくださりその階のお茶の間までご案内され、チェックインはそこで。

お茶の間は、各階にあるくつろぎスペース。冷蔵庫内の飲み物、お茶やコーヒー、アイスやお菓子類を自由に飲み食べできます。さすがにアルコールはなかったです。けん玉や折り紙など和のおもちゃも。お茶の間で既に興奮。

f:id:blackjunjun:20200905095623j:image
f:id:blackjunjun:20200905095631j:image
f:id:blackjunjun:20200905095615j:image
f:id:blackjunjun:20200905095619j:image

いよいよお部屋へ。今回は1番スタンダードなタイプのお部屋。やはり都内中心地。すごく広い!という印象はないですが適度な感じ。

f:id:blackjunjun:20200905100033j:image

家具もいちいちオシャレ。星のやさんのホテルのお部屋にはテレビがないと聞いたことがありましたが、ここはありました。でも一見わからないところに。さてどこでしょう?
f:id:blackjunjun:20200905100042j:image
f:id:blackjunjun:20200905100012j:image
f:id:blackjunjun:20200905100007j:image

テレビここです
f:id:blackjunjun:20200905100028j:image

バスルームはガラス張り。このお風呂もしっかり満喫

f:id:blackjunjun:20200905100529j:image

ガラス張りのバスルームは一瞬でこのように曇りガラスに。これどういう仕組み??
f:id:blackjunjun:20200905100045j:image

一応お手洗い
f:id:blackjunjun:20200905100016j:image

南部鉄器の急須ですよ
f:id:blackjunjun:20200905100037j:image

これが格子
f:id:blackjunjun:20200905100003j:image

今回は食事なしプラン。夕食のフレンチはお高いですが絶品らしいです。またルームサービスでちらし寿司などを頼むこともできます。

朝食もつけられますが、おにぎりだけなら無料。チェックイン時にお願いできます。

これが無料おにぎりセット。十分満足。

f:id:blackjunjun:20200905100822j:image

お部屋の鍵

f:id:blackjunjun:20200905101035j:image

大手町だから観光したいところもなく、張り切ってチェックインの15時にきたけど何しよう、、と思っていたのですが、2階の広間で2時間おきにイベントがあるとのこと。退屈しない・する間のないシステムとなっていました。

外資に転職してみたらけっこう大変だった話5

もうすぐ転職して1年。本当にあっという間でした。

1年経ってわかったこと、英語のことなど備忘録兼ねてまとめておこうと思います。

正直、入社してすぐはそれほど他国との関わりがなかったので気を抜いていたのだけど、途中から、特にコロナになってからはミーティングが増え、勉強会的なものが増え、全体的に海外との絡みが大幅に増え、英語を使う機会が爆増中。

前職では新規事業ということもあり自分たちで戦略を立てたり考えたりして動くことだらけでしたが、外資だとグローバルから降りてくることがほとんどなので、多くの仕事はローカライズという作業だなぁと。そこにJapanらしさを出す、というよりはどこまでグローバルに合わせられるかの調整と交渉、社内メンバーを納得させて動いてもらうためにどうするかを考えるのが多くの仕事。なんでしょう。箱が決まっていて楽といえばラク。ただ、自分たちで考えて動くことに面白味を感じたいのならこのままでは物足りなくなっていく気もします。

英語については、、Google翻訳にはじまり、DeepL翻訳、またパワポを一括翻訳してくれるプレゼンテーショントランスレータプレゼンテーションでの Microsoft Translator の使用 - PowerPointなどを駆使することで、やるべきことをこなすだけなら喋れなくてまだなんとかなる。メールやチャットだけならば本当にどうにでもなるな、と。ここまでの英語対応方法はチームメンバーにも少しずつ共有中。

翻訳については業者にも出しますが、戻ってきたものがまんま使えるわけではないので時間的な余裕具合をみてだす時と自分でやっちゃうときと使い分け。

ただ、聞けないのはつらいかも。幸いリスニングだけは鍛えていたので、まだ救われた感はあります。チームメンバーは話しかけられていることにさえ気がつかないことも多々あるので、リスニングはどうにか鍛えないと会議に参加しても厳しそう。わたしも録画を見直して理解が間違っていないか確認すること多々あります。

そして、、議論をしたり、一緒に考えて何かを進めていくという段階で存在感を発揮するにはやはりスピーキングに難があるのは非常にイタイ。これは最近本当に痛感していることなので、ここからはスピーキングに絞って鍛えていこうと思います。

そうすることで少しずつ中枢に近づいていければ、一方的に投げられてローカライズ→多少は意見を反映してもらえるようになっていくのかなぁ、と。

1年いてどれだけ英語力をアップできたのかはよくわからないけれど、英語で何かを学ぶことや記事を読むことには抵抗がなくなっているので、そろそろ改めてTOEICなど受けてみたいなぁとは思っています。Versantは変わってなかった…スピーキングに力いれてこなかったから当たり前か。

skype英語は引き続き継続中、英会話スクールもオンラインで継続中。英会話スクールがオンラインに対応したらskype英会話と差別化できないのでは?と思っていましたが、ここにきてとても素敵な先生に出会ってしまい、これは英会話スクールのほうが断然いいではないか!と思い始めているところ。これも今回やっと巡り会えたところではありますが。

話すチャンスを作ってくれて、いいところ直すところをちゃんと教えてくれるのです。"これも悪くはないけどこっちのほうがナチュラルだよ"みたいなことを毎回たくさん教えてくれるし復習もしてくれる。前回のこともらちゃんと覚えていて試してくれる。最高か!

skypeのほうでもそういうことを希望はしているのですが、実際にはやってもらえないことが多いのと、意味をはき違えてとらえられてしまい面倒になって訂正もしないことも多いです。せっかくなので同じような先生がいないか粘って探してみます。

2年目は自分自身もチームとしてももう少し成長できるとよいなと思ってます。

 

外資に転職してみたらけっこう大変だった話4

当然のことながら外資といっても規模感や業界でいろいろ違うので、私の転職先が日本では規模小さめベンチャー色高い会社だったというところでこの年齢・この英語力・このポジションで入るには衝撃が大きかったのだということは初めにお伝えしておきたいです。

社内見渡すと、

・経営に興味がありいずれは社長になりたい。英語は独学でやってきたけどほぼコミュニケーションとれる

・帰国子女でわたしからみると英語ペラペラ組はオフィスで堂々と英語を話す人たち。ここには英語ができてここまできた組とビジネスもいける口とに二分 

外資経験長いから英語になれているが実は意思疎通図れていないので仕事がおかしい感じになっている

いろいろいて、わたしは3番の存在を励みに3番寄りから1番を目指している状態。

最近の工夫としては

・基本オンラインミーティングなので人数が多い会議は録画させてもらい、ついていけないところはリアルタイムでは一旦諦め後から聞く。何回か聞けばだいたいなんとかなる。

・自分が聞きたいことや相談したいことがあるときには簡単に資料を作っておいて、AとBならどっち?みたいに聞く。これやらないと細かいニュアンス伝わらないまま、わたしの話なのに議論がすすみ、そうじゃないよぉ、、みたいになることがあったので大事

やはり日本語でのやりとりの3倍は疲れますね。

仕事で散々触れているから喋れるようになるかといえばそうでもなくて、やはり別途学びは必要。海外に住んでいるからといって喋れるようになるわけではない、というのがよくわかります。

まぁでも、仕事をすすめられてはいるので、そういう意味では伝わっているし理解できているのだろうと思っています。

最近は話している最中に文法がわからなくなってセンテンスが続かなくなるので、You Tubeの予備校「ただよび」 "基礎英文法講座シリーズ"のシリーズをみてます。

https://youtu.be/_-VFXOpgUF8

毎回だるそうな感じで始まります。大学受験向けの内容なのですが、忘れてることとか、そうだったのか!と思うことなど多々ありオススメ。

「人を変えたければ自分が変われ」って言われるのイラッとしません?

新米管理職として悩み多き日々を送っている中で、管理職経験の長いグレードも上の方が毎週ミーティングをしてくれることになりました。コーチングみたいな位置づけ。非常にありがたい。

別件もあってこれが始まる前にも何度かその彼にマネージメントについて相談していたこともあるのですが、メンバーのことを「○○なんです〜」というと、自分はどうですか?と言われる。別のことを話すと、それについてまずは自分が変えてみたらどうですか?と。比較的素直な性分なので、「そうですね」と答えてその場は終えてきたのですが、なんかいつもモヤリが取れなかったのです。

今回も初めはそんな感じだったのですが、正直だんだん腹が立ってきて。だってわたし十分変えてきたもん。寄り添えというから毎月10人以上のメンバーと1on1をして話を聞き、要点だけのメールじゃ伝わらないとわかれば説明を加える他のツールを使う、ミーティングの進め方も試行錯誤、提出物出さない人にはあの手この手。人によって対応方法やレベルを変える。なんかいろいろやってんだけど!っと思ったときにふと。

あ、"考え方変えよ"と思いました。

無理して寄り添って理解してもらおうというスタンスに片寄り過ぎていたからか自分もメンバーとの関係性もしっくりきてなかった。

こっちに進むからついてきてくださいって方向に転換しよう。そこをブレさせずに適宜情報共有していくことで信頼関係を作る。その方が自分にとっても無理がないからスムーズにいくんじゃないか?と。

で、次のミーティングのときに彼にそのようにお伝えしてみたら、いいんじゃないですか?やってみてダメだったら修正したらいいし、と。

彼がここまで見越してアドバイスをしてくれていたのかどうかはわかりませんが、けっきょく自分の"考え方"を変えたらとっても楽になりました。

【書感】『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?」

MBAを取ることを入学直前にとりやめた私ですが、最近はMFAだと聞いて気になって読んだ本。MFA (Master of fine arts)がビジネスの世界においてMBAよりも注目されているというのです。

ものすごーく端折りますとMBAのようなロジカルな世界はマネができてしまう。つまり、そのような知識のもと行うビジネスはいつかマネされる。また、社内にロジカルな考えができる人たちばかりが集まってもあまりいいことがない。

何かを決める時、ロジックよりも大事なものがあるという場面がけっこうあり、そこに必要なのは直感だったりする。直感はロジカルでは鍛えられません。美意識をみがくのです。

 

ところで、山口周さん、何冊か本を読みTwitterもフォローしていますが、ものすごーく賢い方。つぶやきもステキです。賢すぎてたまなら何を言いたいのかわからずに何度も読み返してしまうほど。。

 

ざっくりいうとロジカルは答えがあってアートは答えがない世界。そこ両方ないとステキな経営はできないみたいです。小説読むとか美術館に行くとかそういうのはビジネスに直結しない!なんてことはなくて、例えば咄嗟にどうするか判断が必要なときに、手持ちの情報でよりベターな判断ができるためには、なんか自分の世界は豊かなほうがいいのでしょうね。なんてことを思いました。

【書感】「原因と結果の法則」

仕事がというか主にマネージメント がなかなか一筋縄ではいかなくて、相談した方にすすめられたこの本。

「原因」と「結果」の法則

「原因」と「結果」の法則

 

 

Kindleで探したら既に持っていて10年近く前に読んでいたことが判明。

その頃マーカーを引いた部分など見て、このときって何してたんだっけ?などと考えながらの再読。それは育休から復帰して仕事もノリノリだったけど、まだ転職未経験で。現状のままでいいのか?ともがいていた頃でした。

 

いやぁ、自己啓発の古典と言われる本ですが、なんか今は読んでいて苦しかった。

 

だって、

"自分の心をしっかりと管理し、人格の向上に努めている人たちは、「環境は思いから生まれ出るものである」"ということを熟知しています

とか環境を

"引き寄せている"

なんて言われてしまうと、いや望んでこうなっているわけでは全くないよ…と思う。

 

"まずは自分が変わらなきゃ"的なアドバイスもわかります。人はコントロールできないから変えるなら自分なのですよね。でも、、自分でもあれこれも試してみているのだよ!でも状況はあまり変わらないのだよ…と思ってしまう。

 

もちろん長いスパンでみると少しずつ変わってきていることはあるし、何より対外的な成果としては出せているので悲観することはないのかもしれないけれど、これを自分の問題とか心の持ち用などで片付けることはできないし、適所じゃない風土が合わないと思うのが自然な気がしなくもないです。

 

今回唯一響いたのはココ↓

環境と戦うことをやめ、それを、自分のより急速な進歩のために、また、自分の隠れた能力や可能性を発見するための場所として、有効に利用しはじめます。

まさに修行と思っての転職だったから経験・通過点としてトライ&エラーを繰り返してみる場としてはいいのかもしれない。それはベースには初めからもっていた思いなので、もっとこちら側にふり切った思考に変えればいいのかな。

うまくいかなかったコミュニケーションに一喜一憂するのではなく、次へつなげることだけを考える。

それくらいの気力が残っているうちはいいのですが、やっぱりあまりに続くと心折れますよ。

 

 

外資に転職してみたらけっこう大変だった話3

面接した上司たちはわたしの英語力を知っていたと思うのだけれども、それよりも人が欲しかったのでしょうね。

数週間は穏便に過ごしておりましたが、社内のそれなりに大事と思われるe-learningやら事務関係のものたちが英語のままで。慣れない領域の話なのでまた軽くパニック。

海の向こうのドットの上司が来ることになった際には体調がおかしくなりました。

もっと大きな会社だったり、もっと若ければ違ったのでしょうが、海の向こうからくる上司にどのように対応したらいいものか、誰かが教えてくれるわけでもなく。しまいにはお客さんのところに連れて行って通訳をしろ、と。もう、ちょっと何言ってるかよくわからない。

結果、彼はとてもいい人で、ゆっくり話してくれるので問題なかったのですが。いや、、たぶん問題はあったと思うのです。最後の方は諦めてGoogle翻訳の画面を見せたりもしていましたし。それでも自分としてはなんとか終えたし、クビにもなっていないので乗り切れたのだろうと思っていました。

この頃は、どうしようもないときにはGoogle翻訳にたよっていましたが、いまは断然こっち

DeepL翻訳

ものすごく優秀。なんかこの単語はちょっと、、っていうときには他の選択肢も出てきます。PCにアプリをダウンロードしてしまえば、選択してCtrl+c2回で立ち上がって翻訳してくれます。

これを使うとチャットもスムーズで。

いつのまにか英語の上達よりもいかに効率よく英語でコミュニケーションをとるかを重視するようになってしまっています。

というわけで、英語力が上がっているのかどうか正直よくわかりません。

 

外資系1年目のための英語の教科書

外資系1年目のための英語の教科書