子のいる生活 

旅するアート食人

出張女子のひとりご飯 -博多の旭軒の餃子のこと-

これまでも福岡出張には何度も行っていますが、完全にノーチェックだった旭軒。

人から聞いて気になっていて。ちょっと時間が取れたので行ってみました。

席に着いた途端に「何人前にします?」と言われ。とりあえず1人前と返答。その後ゆっくりメニューを確認。

f:id:blackjunjun:20190922223248j:image

カウンターのところどころに手羽先の山があって。1本頼んでみたところ「最後に数えるから好きにとってください」とのこと。
f:id:blackjunjun:20190922223134j:image

1本90円。外は乾いているけれど身はパサッていることなく味もしっかり目。美味しい!
f:id:blackjunjun:20190922223245j:image

 

ビールも注文し、ほかのお客さんも画面に釘付けのソフトバンク戦などみながら手羽先2本完食。

いよいよ焼き餃子登場

f:id:blackjunjun:20190922223128j:image

小さめの餃子10個。ニンニクは感じないけれど、餡がものすごく美味しい。10個なんてぺろりだなぁと2個目くらいまで食べたところで水餃子も注文。

予想どおり、水餃子は焼き餃子より早く出てきたので、焼きから水へとスムーズに進めました。

f:id:blackjunjun:20190922223643j:image

焼き餃子と同じタレに少し辛味を入れたりして食べる。こっちも美味しい。

途中、ひっきりなしにテイクアウトのお客さんが来たり、注文の電話が入ったり。地元の人が使うお店という感じ。

焼き餃子・水餃子・生ビール・手羽先2個で1300円ほどでした。これはまた行くよね。

出張女子のひとりご飯 -ついに中村藤吉宇治本店へ-

過去2回、あまりに並んでいたので諦めた中村藤吉の宇治本店。ついに入ることができました。

f:id:blackjunjun:20190921214108j:image

のれんの奥、右手には販売コーナーがあって、お茶の試飲などもここでできるらしい。

まっすぐ進むと名前を書くところがあり、記入してお庭を眺めながらしばし待つ
f:id:blackjunjun:20190921214113j:image

ぎりぎりテラスでも耐えられる気候だったのでテラスで
f:id:blackjunjun:20190921214052j:image

きつねそば。甘味だけでもよかったのだけど、関西に行くとおうどん食べたくなる。今回は茶そばなんですけどね。
f:id:blackjunjun:20190921214100j:image

これが本店のイチオシ、生茶ゼリー
f:id:blackjunjun:20190921214104j:image

竹の器に入ったぷるっぷるの生茶ゼリーと抹茶アイスとあんこと白玉の組み合わせ。
f:id:blackjunjun:20190921214055j:image

宇治は見渡す限り抹茶のお店ばかりなのですが、はやり別格の貫禄がある中村藤吉本店でした。

3回目のきになるき

そろそろ行きたいなーというタイミングで予約がとれたきになるき。

グリーンカレーしゃぶしゃぶ」の時期で、正直そこまで心惹かれなかったのですがこれが当たりでした!今回も一つもハズレがない。これでお酒こみで5500円なんて。大満足。

煮込み

f:id:blackjunjun:20190917230749j:image

枝豆は冷えてからが美味しいらしい。比較させてくれました
f:id:blackjunjun:20190917230729j:image

自家製さつま揚げ
f:id:blackjunjun:20190917230736j:image

コーンのフリット
f:id:blackjunjun:20190917230732j:image

恒例のまぐろ!
f:id:blackjunjun:20190917230740j:image

それぞれがそれぞれに美味しい
f:id:blackjunjun:20190917230722j:image

しゃぶしゃぶのお肉
f:id:blackjunjun:20190917230743j:image

しゃぶしゃぶの出汁 つまりグリーンカレー。出汁とココナッツと混ざっていて、カレーっぽい色をしていないのにしっかりカレー味。やみつきに。f:id:blackjunjun:20190917230725j:image

しゃぶしゃぶしている風の写真がない…最後の方、写真が雑になるのはきっと飲み放題のせい。

今回は日本酒はやめておき、ひたすらいも焼酎のソーダ割りで。

きになるきの炭酸を知ってしまうと、他のお店の炭酸の足りなさが気になるのです。

中勢以に行ってみた

茗荷谷の中勢以に行ってみました。お肉をがっつり楽しみたかったので少し値を抑えられるランチで。

f:id:blackjunjun:20190828053349j:image

ランチコースはお肉プラス3000円。合計いくらになるかはあなたが選ぶお肉次第

f:id:blackjunjun:20190917225201j:image

シャルキトリー盛り合わせ
f:id:blackjunjun:20190917225217j:image

一品料理
f:id:blackjunjun:20190917225208j:image

これらを選んだお肉の血統書をみながら食す。わたしは今から「まきこ」を食べるんだぁ…
f:id:blackjunjun:20190917225213j:image

ショーケースで選んだお肉の調理前のご様子。4つのうちのどれかが「まきこ」
f:id:blackjunjun:20190828053353j:image

美しいミディアムレアの焼き上がりに

f:id:blackjunjun:20190917224840j:image
f:id:blackjunjun:20190917224836j:image
f:id:blackjunjun:20190917224827j:image
f:id:blackjunjun:20190917224843j:image

大満足。

子連れシンガポール旅 -準備など-

今回の旅、飛行機のチケットはANAスカイコインで購入。普段からマイルをためていますが、特典航空券は数に限りがあるしキャンペーン時以外はマイル数も決まっているし、正直使いにくい。

ANAスカイコインはお金感覚で使えるし、搭乗マイルもプレミアムポイントを付くので使い勝手がよいです。

https://www.ana.co.jp/ja/jp/amc/reference/tukau/skycoin/usage.html

ある程度マイルをためたらスカイコインに交換。マイル数によって交換率が変わってきますので、ギリギリまでマイルを最大限にためたほうがよいかも。

交換したら、航空券を予約。支払い方法の選択のところでスカイコインを選びます。

シンガポール便は日に何便か飛んでいて時間帯によって価格がかなり違いました。

 

ホテルは今回はBooking.comを利用。ほかのサイトのほうが安かったかもしれませんがキャンセルし易いのと、ステイタスが上げられたので。ある程度決めたサイトをリピートしてステイタスを上げておくと、ここぞという時にいいことがあったりしますよね。マリーナベイサンズ へのアーリーチェックインリクエストも、Booking.comを通じて簡単にできました。

https://www.booking.com/index.ja.html

 

これまでの海外旅行ではMobile Wi-Fiのレンタルを利用することが多かったのですが、今回はAmazonで事前にSIMを購入。Mobile Wi-Fiの1/6くらいの価格で済みました。

アジア16カ国対応だから国境越えしても使えるし、何より日本で入れていけるので、入れ替えで出したSIMをなくす心配もないというのが安心でした。複数人で使用する場合はMobile Wi-Fiのほうが安く済むかもですが、重いし充電の心配もあるしSIM便利!何のストレスもなく使用できました。

 

現地のチケット系はvoyaginで。

https://www.govoyagin.com/ja

現地到着が早朝だったので、空港→ホテルの送迎もvoyaginでバスを事前に予約しておきました。楽チン。

 

さて、今回は子が現地で英語を使いたいという理由で近場かつ英語が公用語?であるシンガポールを選びました。

英語教室の先生にも、実際に使うことでやっと身につくからたくさん話しておいで!と言われたとのことで、わたしも子をなんとか盛り上げて、たくさん英語を使う場面を作りました。

挨拶と場所を聞くなどの場面が主でしたが、初めはモジモジしていたものの積極的にExcuse, me!と話しかけていました。地下鉄の切符の購入や乗り換えも子のミッションとして頼りまくり(もちろんGoogle Mapで確認)。

なんとなく単語を読めるようになってきていて、英語教室で学んでいることと実際の体験が結びついたことで、ますます英語やりたいモードになっているようです。行った甲斐があった!

子、念願のスコールも経験

f:id:blackjunjun:20190828051923j:image

子と2人旅。快適に楽しむことができました。次の旅に向けて稼がねば。

 

 

 

子連れシンガポール旅 -アラブストリート-

当初はナイトサファリとジョホールバルでのマレーシア徒歩国境越えをやるつもりでいたのですが、暑くてそんな気になれず。

唯一の観光としてアラブストリートへ。マリーナ地区からは徒歩圏内なので、地下鉄で向かったものの帰りは歩いてみました。

メインのモスク

f:id:blackjunjun:20190828044334j:image

街がカラフル
f:id:blackjunjun:20190828044316j:image
f:id:blackjunjun:20190828044322j:image
f:id:blackjunjun:20190828044330j:image

カラフルな壁には絵が描かれていてアート作品みたい
f:id:blackjunjun:20190828044338j:image
f:id:blackjunjun:20190828044326j:image
f:id:blackjunjun:20190828044342j:image
f:id:blackjunjun:20190828044346j:image

映えポイントがたくさん
f:id:blackjunjun:20190828044311j:image

ここのカフェ、混んでて人気みたいでした
f:id:blackjunjun:20190828044319j:image

ぷらっとしただけで、何も買いも食べもしませんでしたが、色づかいが可愛らしい一角でした。

 

子連れシンガポール旅 -食べた物編-

ホーカーという屋台というかフードコートみたいなところが街のあちこちにあるシンガポールシンガポールの人はお家で朝ごはんを食べずにこういうところで食べるらしい。

わたしたちも当初はここで3食済ませるつもりでいたのですが、あぁ、失敗した。私もだけど特に子が心惹かれはしなかったのです。

やはりホテルの朝ごはんをつけておくべきだった。子連れのときは朝さえしっかり食べさせればあとは適当でもいいと思えますもんね…

食べたもののまとめ

ホーカーで食べたチキンライス 

f:id:blackjunjun:20190827072330j:image

チキンが骨だらけでもういいやってなった

 

朝ごはんの定番トーストボックスのカヤトースト

f:id:blackjunjun:20190827072554j:image

ハムチーズサンド
f:id:blackjunjun:20190827072550j:image

カヤトーストはかなり期待をしていた割には…中に挟まれたバターの量がすごくて、これ毎朝は無理だなってなりました。

 

マリーナベイサンズ のてっぺんにある「CE LA VI」で食べたサテとポテト

f:id:blackjunjun:20190827072547j:image
f:id:blackjunjun:20190827072556j:image

サテはレモングラスがきいていて、子にはイマイチだったみたい。子はポテトとエビせんを食べてました。

 

マリーナ・スクウェアのフードコートで食べた牛肉麺ペッパーランチ 麺は可もなく不可もなく、、

f:id:blackjunjun:20190827073126j:image
f:id:blackjunjun:20190827073122j:image

 

サンテックシティでトーストボックス、アゲイン。ラクサとピーナツバタートースト的なもの

f:id:blackjunjun:20190827073218j:image
f:id:blackjunjun:20190827073210j:image

私的にはシンガポール名物ラクサはなかなか気に入ったのですが、子には辛くてダメでした。麺?が不思議。

 

けっきょく落ち着いたのは鼎泰豊。2日連続で通いました。1日目は6個の小籠包

f:id:blackjunjun:20190828042133j:image

2日目は2人とも迷わず10個にしよ!ってなって
f:id:blackjunjun:20190828042125j:image

わたしはこのシンプルな麺が気に入りました
f:id:blackjunjun:20190828042130j:image

子は炒飯にどハマり。最近日本の鼎泰豊に行っていないので比較できないけれど、メニューも違って日本より良いとの書き込みを見ました。たしかに満足。

 

基本的には、お金を気にしなければ食で困ることはなさそうでした。セブンイレブンでおにぎりも買えるし美味しそうなパン屋さんはあちこちにあるし。和食のお店もあるし、高島屋などのデパ地下にも日本食屋さんはたくさん。

パン屋さんでコーヒーをテイクアウトしたらこんな風にして渡してくれました。持ちやすくてなかなかよい!

f:id:blackjunjun:20190828042410j:image