子のいる生活 

旅するアート食人

カンボジアに行ってきた 〜アンコールワット観光で注意することなどなど〜

雨季の観光で参考になりそうなことを忘れないうちにまとめてみました。雨季は観光客が減ってガイドさんのお仕事もなくなってしまうようでしたが、意外に穴場なのでは?

 

天気のこと季節のこと

アンコールワットの観光に最適な時期は11月〜2月だそうです。雨季の9月は1日中雨のこともあるらしくある意味バクチでしたが、幸いなことに大雨で予定を変更したのは、着いた夜にナイトマーケットに行かずにホテル近くでご飯を済ませたことと朝焼けが見られなかったことくらい。観光途中に急に雨に降られて困るようなことはなかったです。

 

雨の朝焼け鑑賞。雨は止んだけど朝焼けは見られず。

f:id:blackjunjun:20180917165821j:image

 

でも雨季で雨が降らなければ観光には最適。だって空いてる!観光ピーク時には並ばなければいけないところにことごとく並ばずに入れたし、植物の緑が濃くてキレイ。砂埃もなく、直射日光にさらされることも少なく、遺跡に苔が生えているのがキレイにみられるのもこの時期なのだそうです。天気と混雑どちらを重視するか、、悩ましいところではありますね。

 

抹茶生チョコのような苔

f:id:blackjunjun:20180917165628j:image

 

晴れて暑い場合は、遺跡の中にはクーラーの効いているようなところはないので、熱中症対策必須。

 

服装のこと靴のこと

服装は雨バージョンと暑さ対策バージョンの2つを考えないと行けなくてやや面倒ではありましたが、ガイドさん付きの観光の場合、余計な荷物は車に置いておけるのでそれほど負担はなく。レインコートと日焼け止めと帽子と汗拭きシートとタオルは欠かせない。露出はダメだし草むらを歩いたりもするので、蒸れにくい綿などの長ズボンはがよいです。が、一部チャイナドレスやパーティードレス、ヒールの人などもいたのでなんでもありなのかも…

 

汗だくになるのでこのあたり必須。

特にひんやりするタイプを首に巻いておくと汗がひいてよかったです。

 

悩んだのは靴。岩の上を歩くので滑らず、でも雨の中歩く可能性もあるので濡れてもしみないものがよく。調べたらクロックスがおススメされていて、ガイドさんもおススメしていましたが、アンコールワットの第3回廊などは本当に急な階段をのぼるので、クロックスは滑る気がしなくもないです。

 

わたしはこれで行きましたが雨がしみることもなく、歩きやすく、正解だったと思います。

[テバ] サンダル Hurricane XLT2 1019235 BLACK US US07(24 cm)

[テバ] サンダル Hurricane XLT2 1019235 BLACK US US07(24 cm)

 

 

お金のこと

お金はUSドルを持っていき、現地通貨には両替しませんでした。どこでもドルが使えますがお釣りは現地通貨でくれてしまうので、細かいドルをたくさん持っていくといいみたい。クレジットカードは少し高級なレストラン以外では使えませんでした。 

 

また、パックで行く場合、アンコールワットとその周辺の1日観光は付いていることが多いようで、顔写真入り入場券を観光初日に買うことになるのですが、別の日にもその辺りの観光をする場合ははじめから3日券を買う方がお得。その場合、ガイドさんに追加料金をドルで支払ったりするので、少し多めにドルを持って行くといいかも。

 

 

 

カンボジアに行ってきた 〜ハンモックでゆらゆらの国〜

世界遺産アンコールワット観光目的でカンボジアに行ってきました。

 

プノンペンはかなり発展していて既に日本は追い越されている…というような記事を読んでいたのでどれくらい近代化しているの?と思ってのぞみましたが、アンコールワットのあるシェムリアップの街はまさにイメージの中の東南アジア!という感じ。

 

ガイドさんのお話を総合してもそれほどの発展は感じず、都会と田舎の差がありそうです。たしかに、空からみたプノンペンの街には高層ビルが並んでいました。ANAの直行便があるくらいなので間違いなく発展しているのでしょう。

 

シェムリアップの街を歩いたり移動の車窓から眺めるなかですごーく気になったのがハンモック。

お家の中、お店の中、トゥクトゥクの中、公園、道端。どこにでもハンモックがセッティングされていて、ゆらゆら。

 

遺跡の警備の人もゆらゆら

f:id:blackjunjun:20180917080341j:image

トゥクトゥクのお客さん待ちの間もゆらゆら
f:id:blackjunjun:20180917080344j:image

 

ガイドさんの話では、軍隊で教わるロープの結び方でハンモックを結ぶらしい。ちゃんと溜まるけどすぐに移動できるようにほどくのも簡単な方法。そういえば国境付近に行った時、軍隊の人もハンモックで寝ていた。

 

カンボジアの第1印象はどこでもハンモックでゆらゆら、でした。

 

 

 

「建築の日本展」に行ってみた

駆け込みで森美術館で開催中の「建築の日本展」に行ってきました。先日両陛下も鑑賞されたんですよね。

https://www.mori.art.museum/jp/exhibitions/japaninarchitecture/index.html

 

混んでいる…と思ったらお隣で開催中のジャンプ展のほうに大半の人は流れ、比較的ゆったり見れました。

f:id:blackjunjun:20180909220130j:image

 

そういえば、中の写真はあまり取らなかった。

f:id:blackjunjun:20180909220154j:image

 

主な建築の写真とデザイン段階の資料や模型が展示されている感じ。

 

昔の出雲大社が長い通路をのぼった先の高いところにあって神様に会いに行く感満載っぽかった。先日行った江ノ浦測候所もありました。会津のさざえ堂などいろいろ行ってみたくもなりました。

 

17日までの開催ですよー

 

出張女子のスポット観光 〜 松山 坂の上の雲ミュージアム 〜

松山出張の予定があったので「合本 坂の上の雲」を読み始めたのはひと月以上前。話題のビジネス書なんかと比べると圧倒的に読みにくいので進まない。でも次第に惹かれてきていました、好古・真之兄弟正岡子規

 

けっきょく大した読み進まなかったのですが、出張の日を迎えたので行ってきました「坂の上の雲ミュージアム」。

f:id:blackjunjun:20180909191158j:image

http://www.sakanouenokumomuseum.jp/sp/

2巻の途中までしか読んでいないのに楽しめるのか?と思ったらこのミュージアム安藤忠雄建築!建物だけでも楽しめるとわかって張り切って向かいました。

 

この階段…

f:id:blackjunjun:20180909191225j:image

下の真ん中部分、曲がっているのに支えがない。不思議!とみなさん言われるそうです。
f:id:blackjunjun:20180909191221j:image

 

ミュージアム内には昔の松山の映像や写真、秋山兄弟や正岡子規の写真や所蔵品などが展示されていました。

途中までですが本を読んでいたので、明治時代の松山周辺の様子がイメージとしてよく理解できて、すぐに続きを読みたくなりました。

 

お恥ずかしながら、坂の上の雲が新聞の連載だったということもここで知りました。すごい数。。ミュージアムでは連載記事を読めますよ。

f:id:blackjunjun:20180909191554j:image

 

近くに秋山兄弟の生誕地があるとのことで、ついでに行ってみました。休館で中には入らなかったので外から覗き見。

f:id:blackjunjun:20180909191709j:image
f:id:blackjunjun:20180909191658j:image
f:id:blackjunjun:20180909191705j:image

 

ここはあの霧の森大福の店舗のすぐ近く。すぐに売り切れてしまいますが、運がよければ店内で食べられますよ。お茶も出してくれちゃいます。やっぱり美味しい。

f:id:blackjunjun:20180909191757j:image
f:id:blackjunjun:20180909191801j:image

 

サク旅もスポット観光も、その土地の歴史などを知ると深まるなぁと実感。

 

地震のこと

実家が遠いので、以前からYahooの防災速報アプリに実家の地域も登録しています。

Yahoo!防災速報

Yahoo!防災速報

  • Yahoo Japan Corp.
  • 天気
  • 無料

たまたま朝方早めに目が覚めスマホをみたところな並ぶ速報にビックリ。すぐにテレビをつけると全道停電中とのことで心配に。

 

幸い怪我もなく、コップを数個割った程度で済んだようでホッとしました。

 

道東ではけっこう地震は起きているし、奥尻島津波被害などもあったけど、地震に関しては北海道はなんとなく安心しているところがあって正直実家もそれらしい備えはしていなかったようです。むしろ東京に今後来るであろう地震のことを心配されることが多かったです。

 

今回は断水はしなかったようですが、水に関しているとストックはしていない。田舎は水道水をそのまま飲むことがほとんどなので都会のほうが水道水ではなく水を買っていて、なんとなくでもストックがある人は多いのでは。

 

実家に帰ると溢れているかのようにみえる食料ですが、調理しなくても食べられるものというのはそれほどないようでした。

 

ラジオは日頃から野球中継のない日に聞いたりしているので、電気復旧までの間はラジオを情報源としていたようです。

 

両親はスマホを使っていますがモバイルバッテリーなど持っておらず。ただ、充電をして寝ていたので電気復旧まで電池の心配はなかったようです。ですが妹はモバイルバッテリーも充電ケーブルもなく、数時間音信不通に。両親が心配してなにか連絡をとる手段はないかと相談され考えていたところ、近所の方に車で充電してもらっていたらしくLINEがきてひと安心。

 

遠く離れたわたしにできたことは、テレビの情報や地元に住む友人がFacebookで流していた情報をLINEで伝えたり、充電の手段や今後の備えについて伝えたりということと心配することくらい。311の夜、子と2人で不安な夜を過ごしたことを思い出し、きっと落ち着かないだろうなぁとほんとうに心配でした。

 

今回学んだことは、またこのようなことがあったとしても、離れて住むわたしに発生直後にできることは何もないということがわかったこと。台風がきた直後だからとか、こないだきたばっかだからとか、そんなこととは関係なく地震はいつでもどこでも起き得ることがわかったこと。

・普段から備えをさせておくこと

・連絡手段を複数もっておくこと

・取り決めをしておくこと

そんなところでしょうか。

 

早々に電気を復旧させてくださって北電さんには感謝しかないなぁ。

 

停電した北海道の空に天の川が見えたという投稿や、停電でダメになるなら肉を焼いてしまえ!と焼肉はじめちゃう道民のみなさま(外でのジンギスカンは夏にはだいたいのお家がやるのでグッズは揃っている)、花火あげちゃう洞爺湖や、自家発電をお持ちのお家がわりとあったらしいことなど、いろいろ整理できていないけどチグハグな感じの北海道いいなぁと改めて思いましたよ。

 

実家を心配して連絡くださったみなさま、ほんとうにありがとうございます。

 

東京防災

東京防災

 

 

 

 

出張女子のひとりご飯 〜 松山 鍋焼きうどん 〜

久しぶりにリピートしたいB級グルメに出会いました。

これまで何度も来ていたのに松山の鍋焼きうどんが有名らしいとは知らなかった。たまたまガイドブックをみて知りました。今まで散々ググってきたはずなのにな…。

 

ことりっぷ 四国 (旅行ガイド)

ことりっぷ 四国 (旅行ガイド)

 

 

大街道のアーケードから少し出たところにある「ことり」さんを目指したのですがお休みで。すぐ近くにある鍋焼きうどん発祥の店らしい「アサヒ」さんへ。見るからに発祥っぽいたたずまい。

f:id:blackjunjun:20180905091309j:image

 

店内も昭和臭ぷんぷん。店員さんもそんな感じ。奥の白い棚の中に並ぶのはおいなりさん。
f:id:blackjunjun:20180905091311j:image

 

メニューは鍋焼きうどんと卵入り鍋焼きうどんとおいなりさんのみ。店員さんたちが奥で大声で話しているの、丸聞こえ。なんかNHKの朝ドラをみているような気分になりながら待機。

 

1度も使ったことはないけど懐かしく感じるアルミ鍋で登場。
f:id:blackjunjun:20180905091320j:image

 

もう少し手前に近づけたいのに鍋熱い。レンゲも熱い。
f:id:blackjunjun:20180905091314j:image

 

お出汁を飲んで(火傷した)ビックリ。すごーく甘い。初めての感じ。お揚げとかまぼことこれまた甘く煮た牛肉が入っていて全体的に甘いのだけど、なんだかやみつきに。クセになる甘さなのです。途中、麺が甘いのか?とも思ったけど、やはりお出汁が甘いのだと思う。後半七味をかけてみたけどやっぱり甘い。

 

1滴残らず飲み干しそうになったけど多少残してお店を後に。

 

でもなんだか忘れられなくなってしまって、帰る前にもう一軒「つるちゃん」に行ってしまった。

 

あの甘さをもう一度!と思って臨んだけど、こちらは甘くない。むしろわたしには少ししょっぱいくらい。
f:id:blackjunjun:20180905091317j:image

 

あー、こうなると「ことり」が気になるけど、次回のお楽しみにとっておきます。

 

けっこう炭水化物とったな…

どちらも1000円でお釣りきます。

早め早めの行動をする人はしてしない人は全くしない

台風の被害、半端ないですね。

 

ビックリ映像の番組でも見ているかのようなSNS。少し遅れて報道するTV。知っている街のこととは思えないくらいの衝撃映像がわずか数時間のうちにたくさん流れてきた。驚き。

f:id:blackjunjun:20180904201407j:image

わたしは例え読み間違えたとしても早めに行動する派。帰れないとか行けないとか嫌だし。

もちろん外すこともあるので、外した時には周りに何か思われている可能性はあるかとは思う。「慎重すぎー」とか。

 

それでも帰宅難民にもならずケガもせず仕事に穴もあけないのなら問題なくない?と思う。自分や自分の大事な人を守れるのは自分だけ。そこは妥協いらないでしょう。

 

これだけかなり正確な情報が広く知れ渡るようになったんだから、それをどう活用するかは自分次第なのでは?

 

絶対ヤバいと思うのに行かなきゃいけない帰れない…というような場合は環境も考え直したほうがいいのかも知れないですよね。