読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子のいる生活 

旅するアート食人

【 美食 】【 人生グルメ会 】番外編 「活き活き亭」で魚介三昧

美食→雑食になりつつある今日この頃。

今回は木更津へ行って参りました。

f:id:blackjunjun:20150622162819j:image

木更津アウトレットの目の前。
つまり、アクアラインからすぐのところにある海鮮浜焼きのお店「活き活き亭」。アウトレット目指して車を走らせているとイヤでもその看板が目に付きまして。行くしかない!と。

11時の開店前に既に10組ほどが待っておりました。
回転は早いので、開店時を逃した場合は12時過ぎが狙い目らしいですよ。

入店すると、水槽が並ぶ "捕獲エリア" とでも呼ばせてもらおうかなぁという領域に通されます。

ここで、食べたいものを捕まえる。
例えば、車海老。
f:id:blackjunjun:20150622163216j:image

例えば、ミル貝やさざえ。
f:id:blackjunjun:20150622163242j:image

小さめのパットとトングが渡されるので、自分で採ってそこに載せるわけですが、エビは跳ねるし、ミル貝は水を吐き出すし、ちょっとした冒険。

その他、牡蠣、岩牡蠣、はまぐりやらアサリやらがこのシステムで確保でき、イカやししゃもやお魚の刺身盛り合わせやおにぎりや焼きそばなどは冷蔵ゾーンから持ち出す感じ。

一通り決まったらレジへ。
丼ものやドリンクなどはレジにて注文。
自分で選んだ貝は、お刺身にしてもらうことも可能。

網焼きできる席へ案内されると、そこからはセルフサービス。

アサリバターなど焼いてみたり。
f:id:blackjunjun:20150622163545j:image

牡蠣は跳ねるから網をかぶせて焼いてね。
f:id:blackjunjun:20150622163818j:image

ぎゃは!
f:id:blackjunjun:20150623051203j:image

ホッキはお刺身で。
f:id:blackjunjun:20150623051242j:image

子も大喜び!

ものすごーすお安いわけではないですが、新鮮さを考えるとコスパは悪くはないのでは。

木更津アウトレットに行くときの定番スポットになりそうです。