子のいる生活 

旅するアート食人

子連れ旅

【 子連れ旅 】 冬の石垣島親子旅 石垣島編

3日目は石垣島内を楽しむ。 まずはタクシーで川平湾へ。 相当キレイ。 慌ただしいままにグラスボートに乗る。下を見過ぎで酔わないか心配でしたが、時間も短かいし平気な様子でした。 ホントにキレイ。 お土産などみつつホテルに戻ると、ホテルビーチのアク…

【 子連れ旅 】冬の石垣島親子旅 竹富島編

終業式の終わりの時間を読み間違えたまま予約した石垣島旅。 冬の石垣島しかもレンタカーなしでどんな楽しみ方ができるのかよくわからないまま旅立ちましたが、それなりに楽しめましたよ! 初日は既に真っ暗。ホテルで夕飯を食べて寝るのみ。翌朝キレイな海…

【 子連れ旅 】ノロッコ号乗車&釧路湿原カヌー体験

久しぶりの子連れ旅は北海道釧路へ。 ノロッコ号に乗って釧路湿原に向かい、釧路川でカヌーに乗ってきましたよ。 ノロッコ号という名前はノロノロはしることからきているそうですよ。行き先が難読。。 ノロッコ号 その前に、カヌーの上でお昼を食べてもいい…

新幹線を利用する機会が増えそうだから調べてみたらいろいろおかしかった件

出張で新幹線を利用する機会が増えそうなので、便利に利用する術はないかと調べてみたところ、もうJRってば!!と思うことがあったのでまとめてみました。 新幹線をweb予約する方法は大きくわけて2つ。これ、重複しているわけではなく地域による。 えきね…

【 子連れ旅 】 群馬の子連れアクティビティ 釣りとりんご狩りのこと

せっかくの子連れ旅は体験型のほうが盛り上がったりします。 いや、ぶっちゃけてしまうと群馬の今回訪れた界隈には観光をするところはほとんどなかった。ということだったりもしますが。 イワナ釣り 群馬には釣りができるところは至るところにあるようです。…

【 子連れ旅 】 群馬の隠れた観光名所 吹割の滝はいろんな意味でスリリングだった

群馬の旬の観光地はなんといっても「富岡製糸場」でしょう。 が、今回は隠れた名所「吹割の滝」にいってきました。たまたま泊まった温泉宿から近かったので行ってみたのですが、ここは群馬の隠れた観光名所みたい。なかなかスリリングでしたよ。 観光バスも…

【 子連れ旅 】 「特急ひだ」で高山へ

ずっと行ってみたかったけれど遠くて行きにくい気がして行けていなかった場所、飛騨高山に行ってきました。 名古屋から特急「ひだ」で3時間半。 〔ワイドビュー〕ひだキハ85系:JRおでかけネット1つ目の岐阜駅までは反対向きに走行します。すぐに山の中へ。…

【 子連れドイツ旅 】ライン川クルーズを体験してみた2

行きは船、帰りは鉄道を利用する場合、注意しなければいけないのが降りる街。両サイドを走る鉄道は途中で交差しないため、戻る駅のある側の岸に降りないとならないのです。例えば、マインツに戻るのであれば左岸の街を選ばないと1度フランクフルトまで出ない…

【 子連れドイツ旅 】 ライン川クルーズを体験してみた1

地理だったか歴史だったか。ライン川という名前を知ったのは遥か昔。せっかくライン川クルーズの起点となる街に滞在することになったので、クルーズ体験をしてきました。「体験」と呼んでみたのは、本場のライン川クルーズはホテルのような船で国をまたいで…

【 子連れドイツ旅 】ブンデスリーガサッカー観戦 つづき

マインツにも向かう特急電車の中でみかけたビールを箱(?)単位で持ち込むバイエルンサポーター御一行様は試合開始5時間以上前から飲んで騒いで歌っておりました。ホームでも知らない人同士であろうサポーターがすれ違うとき、別のホームに立つサポーターをみ…

【 子連れドイツ旅 】 ブンデスリーガサッカー観戦!!

今回の旅の目的の1つサッカー観戦!!お目当はもちろんバイエルミュンヘン。本当はホームのミュンヘンで見たかったのですが自力でチケットをとることはほぼ不可能とのこと。ブンデスリーガのチケットはほとんどがシーズンチケットで買い占められてしまって…

【 子連れ南ドイツ旅 】ミュンヘンから自力でノイシュバンシュタイン城へ

シンデレラ城のモデルとして有名なノイシュバンシュタイン城。 空から撮った映像を見かけることが多く山の中にポツリと建っている印象があり、辺鄙なところにあるのだろうと思っていました。が、意外にもミュンヘンから日帰り可能との情報。 確かに片道2時…

【 子連れ旅 】 -ドーハ トランジット編-

ドーハ到着は深夜。飛行機からターミナルへはバスに乗る必要があったので一応ドーハの地に降り立ったわけですが、真夜中真っ暗でも暑い。2014年に新しくなったハマド国際空港。ここから世界中どこにでも飛び立てるハブ空港。トランジットはかなりわかりやす…

【 子連れ旅 】 -カタール航空編-

今回の子連れ旅は「5つ星エアライン」であるカタール航空を利用。 全体的な印象としては可もなく不可もなく。機内食は劇的にまずかったです。 成田からの出発便の機内食。恐らく機内食としては普通なのだと思いますが… 去年は同じく中東系のエミレーツ航空を…

【 美食 】【人生グルメ会 】【子連れ南ドイツ旅 】 ドイツ飯 ~フランクフルトからライン川編~

続いて、ライン川近郊のドイツ飯。 KDラインの船の上でこれこそイメージしていたドイツ飯。ソーセージとじゃがいも、ドイツパン。でも、まずくはないのです。マスタードはデフォルトで付いてくるけど、ケチャップは言わないともらえません。ドイツ語メニュー…

【 美食 】【人生グルメ会 】【子連れ南ドイツ旅 】 ドイツ飯 ~バイエルン州編~

ビールとソーセージの国というイメージの強いドイツ。正直、ご飯に期待はしていなかったのですが、思っていた以上に美味しかった!そして口に合う! 写真とともにご紹介しますね。 ミュンヘンのヴァイセスブロイハウス パンケーキのスープ。http://www.weiss…

【 子連れ南ドイツ旅 】一生に1度はオクトーバーフェスト

日本各地でオクトーバーに限らず開催されているオクトーバーフェストは、ドイツのミュンヘンが本家本元。毎年世界中から人々が集まる世界最大のビールの祭典に行ってきましたよ! ちなみに、ミュンヘンのオクトーバーフェストは9月中頃から10月頭までの開催…

水戸岡特急①「ゆふいんの森」

少しでも鉄道に興味がある人の中に、水戸岡鋭治さんの名前を知らない人はいないのではないでしょうか。 こちらただいま熊本で開催中。 熊本市現代美術館|水戸岡鋭治からのプレゼントーまちと人を幸福にするデザイン展 九州を走る水戸岡さんデザインの特急に…

鉄旅のすすめ

長距離の移動は飛行機のほうが早い・安い。近距離でも子連れだと荷物が多いから車がいい。と思うのが正直なところですが、たまには電車の旅をすることもオススメします。今回は人気の九州の特急に乗ったということもありましたが(乗った電車については別記事…

日本の観光地のちょっと残念なところ

九州鉄旅してきました。由布院の温泉、源泉掛け流しで泉質が素晴らしかった!!少し観光する時間があったため事前に情報収集したところ「由布院のメイン通りは軽井沢化している」とあったので、あまり期待せずにメイン通りへ。確かに…老舗っぽい温泉饅頭屋さ…

子連れ海外旅行-プランニング〜いろいろ-

1度や2度の経験でたいしたことは語れませんが、今回母子での海外旅行を経験して感じたことを記したいと思います。 今後計画中の方の参考になれば幸いです。子連れ旅に正解はない。「子どもだからこうすべし」ということはなく、その子が普段興味のあることや…

子連れイタリア旅-イタリアのうまいもの編-

活動中断中ですが「世界&日本を食べ尽くす会」など主催しているくらい、人生の中からうまいものを食べることは外せない私。 ですが、今回は子連れ旅なので食べ歩きというわけにはいきませんでした。 高級レストラン的な味には触れられませんでしたが、それ…

子連れイタリア旅-ミラノ編-

最終日はミラノへ移動。 トレニタリア 今回はトレニタリアにて。 これも、日本で事前にネット予約をしておりました。 7分ほど遅れて到着したトレニタリアの車内はイタロよりも立派! ただ、予約時に悩んで席を指定した割りに、進行方向と逆向きでした。失敗…

子連れイタリア旅-フィレンツェおまけ編-

おまけ フィレンツェの街の中の道路標識にはイタズラされているものがあるらしいと聞いていたのですが、残念ながら私はこの一つしかみつけられませんでした。 これ、CLETというフランス人の 作品らしいのです。 フランス人なので、フィレンツェ だけに作品が…

子連れイタリア旅-フィレンツェ編2-

近郊のピサやThe Mallに行ったフィレンツェ滞在中の3日間。本当はフィレンツェ市内の観光だけでも3日あっても足りないくらいなのだと思う。ミケランジェロ広場へクーボラにも鐘楼にものぼれなかったので、バスでミケランジェロ広場へ。サンタマリアノベッラ…

子連れイタリア旅-The Mall-

今回はアウトレットに行くことなど全く頭になかったのですが、フィレンツェ近郊にいくつかあるらしいということは知っておりました。 子は前日のピサ行きが楽しかったようでまた電車やバスでお出かけしたい!というので、子が寝た後にフィレンツェ近郊の行け…

子連れイタリア旅-ピサの斜塔-

友人に「子も一緒ならぜひピサに!」と勧められたので、行ってきましたピサの街。 一般的にはイタリアは都会のほうが治安が悪いと言われているそうです。ピサは田舎町ですが、世界的観光地なため治安はよろしくないらしい。 子どもの集団の物乞いみたいなの…

子連れイタリア旅-フィレンツェ編1-

ガイドブックには、フィレンツェの街も歩いて十分に回れる大きさであると書いてあるのですが、子には酷。 行きは歩いて帰りはバスに乗るなどの対応が必要かと思います。 バスは比較的遠くにも行く大きなバスの他に、コミュニティバスのようなものもありまし…

子連れイタリア旅-ベネチア編3-

ペギー・グッゲンハイム美術館 アカデミア橋を渡ると美術館の並ぶ地域。なんとなく歩いていてついたペギー・グッゲンハイム美術館に入ってみました。 NYにあるカタツムリみたいな形のグッゲンハイム美術館の創始者の姪であるペギーさんの収集品が展示されて…

子連れイタリア旅-ベネチア編2-

さて、子連れでベネチア。 どこに行くか。 私達はゆったり3泊したので、焦らずに1日に1〜2箇所程度大人の行きたいところに行けたらいいかな〜とゆるい感じの計画を立てておりました。 初日は夕方にホテルに到着。シャワーを浴びてひと休みしてホテル近所を散…

子連れイタリア旅-ベネチア編1-

ベネチア・マルコポーロ空港から本島へ ベネチアの空港は中心部から離れています。街までは船かバスかの2択となるわけですが、バスの場合、本島内に入れないためサンタルチア駅までしか行きません。駅周辺に宿泊するのならばバス、そうでなければ船のほうが…

子連れ旅-ドバイトランジット編-

羽田からドバイまで11時間のフライト。 地上に砂漠が広がり出し、高級そうな住宅群が見えてきたらすぐに到着。 帰りにヨーロッパ側からドバイに入るとあのブルジュ・ハリファやブルジュ・アル・アラブ、パームアイランドも遠くにみえましたよ。 トランジット…

子連れ旅-エミレーツ航空-

今回はドバイ経由でエミレーツ航空を利用してイタリア入り。 評判の良いという印象のエミレーツ航空。 口コミでは、「まぁ普通」という声も多いようでしたので、あまり期待はしておりませんでした。 結果、「まぁ普通」という印象。 他に比較の対象がないの…